建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リンクに模型ブログを追加



悪妻の「売り」始めました!


旦那様にナイショで「売り」をしているというガンオタコ様のブログです。
事が発覚して修羅場にならないよう、影からお祈りしています。

以前から時々拝見してはクスクスと笑わせていただいていたのですが、突然当ブログをリンクしていただきまして仰天しました。

  1. 2008/08/16(土) 01:23:09|
  2. 模型全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

超人機メタルダー

「風よ、雲よ、太陽よ、心あらば教えてくれ、
 何故、(自分は)この世に生まれたのだ」


metal.jpg

この世に変身ヒーローは数多くあれど、僕にとってこれ以上無いと思えるキャラクターが二つある。
一つは「ウルトラマンレオ」、
そしてもう一つが「超人機メタルダー」である。

日本軍(海軍か陸軍かは不明)が開発したロボット兵器という設定がB級テイストに溢れてとっても素敵ということ。
そして「自省回路」を搭載し、ロボットでありながら擬似的に人間の心を持っているということ、まぁありがちな設定と言ってしまえばそれまでだが、第一話起動時に記憶がゼロの状態から始まり、物語序盤で様々な事を学習しながら成長していく姿が人間以上に人間的に見えて魅力だった。
上記のセリフは第一話ラストでのもので、日本特撮史に残る名セリフと呼ぶ人もいる。

最終回、メタルダーは自らの存在意義のために「死」を選ぶ、
自分のしてきたことを無駄にしたくないために、せめて今まで一緒に苦楽を共にした友人の手で葬ってもらいたいと願う。
その時、彼は紛れもなく「人間」だったと思う。

決して出来の良い作品ではなかったけれど、とても好きなキャラクターだ。


画像は海洋堂のガレージキット、メタルヒーローセットC(シャイダー・メタルダー・トップガンダー)のもので、3~4年前に製作。
組み立ては簡単だが、マスキングが大変だった。

番組に関する詳細はこちら
「超人機メタルダー - Wikipedia」

【“超人機メタルダー”の続きを読む】
  1. 2008/08/15(金) 03:47:36|
  2. 模型全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

リンクに模型ブログを追加

LET ME GO!

いつもコメントを頂いています。Seaぶっく様の模型ブログです。
私と同じく艦船模型メインで、細部までかなり作りこまれていらっしゃいます。
そして奥様の模型の腕前もなかなかの物。夫婦御一緒に模型作りとは羨ましい。


  1. 2008/08/12(火) 21:29:22|
  2. 模型全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。