建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コミカルミニ四駆  トヨタ イプサムL-Selection EX

すでに連休は終わったけれど

GW中はおおすみの製作に専念できる …と意気込んではみたものの、時々違うこともしたくなるのが人情というもの。
おおすみ製作の合間にちょこちょことミニ四駆を一台作ってしまった。塗装してシール貼って、表面にクリヤースプレー吹いただけのお手軽仕上げだ。
短時間で完成というのはとても楽しい、快感ですらある。
ipsam01.jpg

完成して嬉しくなったので、写真を撮って某画像掲示板のプラモスレで晒したところ「最近のミニ四駆はこんなにカジュアルなのか?」との返信。
いや、このイプサムはミニ四駆としては古い製品である。発売は1996年だし、シャーシに至っては20年以上前の設計だ。
ipsam02.jpg

タミヤオリジナルのボディデザインで、コース上でレースするもの、というイメージが一般的に強いと思うが、ミニ四駆はそもそもスケールモデルとして誕生したもので、最初はスピードよりもパワー重視の低速走行車だった。

企画をしたのは自ら模型製作も大好きなタミヤの社長で、自身が老眼になり、模型作りに苦労するようになったことから考え始めたものだという。
「本来、模型は気楽に楽しめるものだったはず」と考えた田宮社長は、子供にも簡単に作れ、小遣いで買える低価格なモーターライズの車プラモというコンセプトで開発を始めた。
ちょうどその頃、自動車業界では四駆が流行りだしていたので四駆にすればいけると判断、ここにミニ四駆という概念は誕生した。
そして1982年、タミヤが子供達に向けて発売したミニ四駆は「フォード・レインジャー4×4」と「シボレーピックアップ4×4」!
スケールモデルで一流の技術を持つタミヤ製品らしく、模型としての再現度は高かった。しかし、シボレーを欲しがる子供などいるはずも無く、営業的には惨敗と言う結果に終わった。

ガックリと気を落とした田宮社長は、知人である四駆大好きアニメーター、大塚康生氏に相談に行った。初代ミニ四駆を見せられた大塚氏は、模型としての完成度の高さに感心したという。
組み立て簡単で人気のある車種なのに、なぜ売れないのでしょうかと悩む田宮社長に大塚氏は答えた。
「これは真面目すぎるよ、子供が対象なら見た目の面白さが大事だと思うけどねえ」
その言葉に目が醒めた田宮社長は大塚氏のアドバイスに従って、シリーズ六台目となる「シティターボ」からは、車体をデフォルメしたデザインのコミカルミニ四駆へと路線変更、初代ミニ四駆に比べて売れ行きは徐々に上がって行った。
画像のイプサムは、そのシリーズでは現在最後の製品である。

子供のためにと開発しているのに、気合たっぷりでシボレーを作ってしまうという空気の読めなさ、とってもステキだ。僕はそういうタミヤ模型が大好きだ。
今主流になっているスピード重視の、レース向けミニ四駆が誕生するのはもう少し後の話になるが、そのうち機会があればそのいきさつを書こうと思う。
イプサムを完成させたら、走らせて遊びたくなってきた。作るのも楽しいが、やはりミニ四駆は走らせてナンボの物だ。

参考 田宮俊作「田宮模型の仕事」(ネスコ/文芸春秋)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/05/08(火) 21:17:21|
  2. ミニ四駆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイクロンマグナムとダウンフォース

僕がミニ四駆に夢中になったのは、今から10年ほど前の第二次ブームの頃だということは前にも書いた。
きっかけになったのは当然、アニメ「爆走兄弟レッツ&ゴー」を見た影響だ。
ガンダムのアニメを見るとガンプラが欲しくなるのと同じようなもので、最初はモーターを積まずに飾っておくだけにしようと思って買ったのだが、アニメの中で疾走するマシンを見ているうちに、モーターを搭載して走らせたくなるという欲求が湧いてくるのを止めることは出来なかった。
ただ年齢が年齢なだけに公式レースに出るわけにもいかず、サーキットも一応持ってはいたが1セット分、広さにして六畳間程度の大きさではとても満足できるはずもなかった。

そして、いつしか僕は車道でマシンを思いっきり走らせたいという危険な考えを持つようになっていた。
だがさすがに人目につくところでそれをやるのは恥ずかしい、なにしろ今これを書いているのもかなり恥ずかしいのだ。
その頃僕は交代制の工場勤めで、日勤夜勤を交互にやっていた。おまけに家から会社まで徒歩で五分くらいの近場だったので、僕は歩いて通勤していたのだ。
僕はこれを利用しようと考えた。夜勤明けの早朝4時にサイクロンマグナムと一緒に家まで走って帰ろうと言うわけだ。

実行する日が来た。僕はドキドキしながらマグナムにスイッチを入れ、地面に置いた。
皆さんの御想像どうり、マグナムはアスファルト上でガタガタ振動しながらも爆走し、とても中年にさしかかった僕の足には追いつけるはずもなかった。
ただ不安定な路面が幸いして道路脇の草むらにつっこんだので、マシンが行方不明になるという事態は避けられた。
アニメと現実は違うものだなと、あたりまえの事を考えながら僕は懲りずにもう一度マグナムを走らせた。
するとどうだろう、少し走ったところでマグナムのリアウイングが振動で外れたのだ。その途端それまである程度まっすぐ走っていたマグナムが急に挙動を乱し、あちらこちらへと進行方向を変え始めたのだ。
ウイング一枚なくなった程度でこれほどの影響があるとは、正直僕は驚いた。
僕はそれまで、ミニ四駆に空力効果が働いていることに懐疑的だったのだ。こんな表面積の小さな物体にダウンフォースなど無意味だと思っていた。
でも僕は、ウイング有無でのマシン挙動の差を目の当たりにして確信した。
「ダウンフォースはミニ四駆にも確実に働いている」ということを。
最近のファンの間ではミニ四駆には空力効果など存在しないという考えが主流であり、空力否定派と肯定派に分かれて熱く議論が交わされているのが現状だ。
でも誰が何と言おうと、僕はずっと空力効果肯定派である。なにしろ僕はこの目でその効果を見たのだから。
まあ信じる信じないは人それぞれでいいとは思っているけれども。


これがその時のマグナムのウイング、さすがにアスファルト上を走らせた時のダメージは大きく、タイヤは言うに及ばずシャーシもボロボロになってしまったのでスクラップにしてしまった。
しかし広い場所で走らせた満足感はひとしおだった。
002.jpg

「マグナム、また一緒に走ろうぜ!」

※ミニ四駆は安全な場所で遊びましょう。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/29(木) 17:56:27|
  2. ミニ四駆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マグナムセイバー

二年ほど前の話、まあ大した話じゃないけど

magnum.jpg

「あれ?ミニ四駆ってこんなに小さかったんですね」

二十歳になるN君はマグナムセイバーを手にとって、軽く驚いたように言った。
ふとしたことでミニ四駆の話になり、僕は自分のコレクションの中からマグナムを取り出してきて見せたのだった。
小学生の時以来、一度もミニ四駆に触れていなかったことが想像できて、僕は少し笑ってしまった。
10年程前、子供から大人までを巻き込んだあの第二次ミニ四駆ブーム、僕もその時にミニ四駆を始め、夢中になった。
しかしもう二十代後半という年齢だったからミニ四駆の大きさはその後10年経っても変わっては見えないし、友人たちはミニ四駆に興味を示さなかったから一緒にレースもできなかった。
だから正直N君がうらやましいと思う
「俺もミニ四駆捨てなきゃ良かったなあ、走らせなくても部屋に飾っておきたいなあって時々思うんですよ」
N君がそう言ったので僕はそのマグナムをプレゼントした。就職祝い…というのは冗談だが、N君は自動車整備士として就職が決まっていた。
「ありがとうございます!大事にします。」
無塗装でシールを貼っただけのマグナムだったけどN君はとっても嬉しそうに言った。
本当に嬉しかったのか、それとも僕に気を遣ったのか、それはわからない、まあどちらでもいい

それきりN君とは会う機会を持てずにいる。今ごろは元気で自動車を整備しているのだろうか
ずいぶん前にも、僕は何かのはずみで友人にマグナムセイバーをあげたことがある、だからN君にあげたマグナムはその後また欲しくなって買い直したものだ。

あの時は想像できなかったけど、ここ一年ほど前からミニ四駆に復帰する人が増えてきて、インターネットでミニ四駆について好きなだけ語れるようになったし、時々レースにも出られるようになった。
こうなるとまた熱が再発してくる。そしてN君にあげたマグナムのことが気になりだす。
やっぱりマグナムは自分でも持っていたいな…と思う、なぜならマグナムセイバーは僕が一番最初に買った思い出のミニ四駆だからだ。

だから画像のマグナムは三台目だ、今度は誰にもあげないようにしよう、
絶対にまた欲しくなるに決まっているから。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/11(日) 01:52:23|
  2. ミニ四駆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。