建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

九七大艇 塗装前の仮組み

パーツの処理もほぼ終了し、これから塗装作業に入りますので、ここからまたいつものように少々時間がかかります。
プロペラや台車はもう塗装作業に入ってますので画像では取り付けていません。
97041.jpg

キットにはこのようにスタンドが付属していて、飛行姿勢で飾ることができます。
使用する場合は機体に穴を開けて接着しなくてはいけないので、それが嫌な場合は上に乗せられるようにスタンドを改造すれば良いかと思います。
画像のは練り消しで仮止めしていますが、こうやって飾るのもなかなか良いですねえ、
バキュームキットメーカー・ダイナベクターの富成太郎氏は以前、「飛行機は飛んでる状態が一番カッコ良いと思う」と書いていましたが、それもうなずけます。

-------------------------------------------------------------

最近は息抜きにと思いながら飛行機を作っていて、あんまり息抜きになってないわけですが、そんな中、次作の艦船に関しては既に準備を進めています。
「赤城」「加賀」と空母の製作依頼が続いていたのですが次も空母です。
次は瑞鶴を最終時仕様で、という依頼があり、現在九七大艇製作の合間に資料とにらめっこしております。
日本艦はどれもそうなのですが、翔鶴型も資料が揃っているようで意外と揃っていません。
製作開始まで、もう少し悩ませていただきたく思います。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/03(木) 19:04:01|
  2. 九七式大型飛行艇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

九七大艇 エンジンカウルと主翼斜支柱

エンジンカウルのパーツは、抜きの都合上モールドがはっきりしていませんので、深く彫ります。そして、上部の排気管が省略されているので、後で真鍮パイプで追加しようと思います。
ニニ型を作る場合は、カウル上部の気化器空気取り入れ口を削って、小さくします。
97035.jpg

カウル下部の潤滑油冷却空気取り入れ口は開口されていません。
97036.jpg

浅く掘って潤滑油冷却空気取り入れ口を再現。
本当はもっと深く掘るべきですが、とりあえず雰囲気が出ればいいなという感じに留めました。
97037.jpg

さて、主翼の支柱を組んでみたのですが、今一つしっかりと組みあがりませんでした。
これはキットに問題があるのか、自分の組み方に問題があるのかわかりません。
97038.jpg

細い支柱断面の真円が出てなかったので、0.4mm真鍮線に交換しました。
そして長さの足りない部分はエポパテで延長します。
97039.jpg

艇体尾部には曳航用と控網用の金具を追加。
97040.jpg


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/01(火) 22:42:36|
  2. 九七式大型飛行艇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九七大艇 運搬台車の製作

最初にも書きましたが、このキットには運搬台車が付属してないため、必要な人は自作するしかありません。
そこで自分の場合、1/144二式大艇のキットを再び入手して、その車輪を複製して流用しようかと最初考えていました。しかしなぜか近場ではキットが手に入らない状態が続き、入荷を待っているうちに時間が経ってしまったのでした。
ところが、赤城を製作してからというもの、自分の中で何かが変化し、「パーツが無いなら自分で作ればいいじゃん」と考えるようになりました。
二式大艇のキットは未だに手に入れてないのですが、今回製作に踏み切ったのはそういう理由もあります。

そういうわけで、車輪はプラ板を削り出して製作しました。
97028.jpg

一個だけ作れば充分です。それを原型にして「おゆまる」で型取りし、レジンで複製。
脚柱は真鍮線をハンダ付けして作りました。
97029.jpg

次は後部の台車を作ります。
台車と艇体の間にある緩衝材の柔らかさを出したかったので、エポキシパテを艇体に貼り付けた後、未硬化のうちにプラ板とプラ棒を押し付けました。
97030.jpg

伸ばしランナーで補強材を取り付けた後、ハンダ付けした真鍮線で作った脚柱を差し込みます。
97031.jpg

後部の台車は小さい車輪なので、削り出すのは少々面倒だと思い、何か使えるパーツは無いかと探してみました。

そして押入れの中から、ちょうど良さそうなキットを発見。
97032.jpg

取り付け完了。
なんとまあピッタリなんでしょう。
97033.jpg

前部台車は、さらに金属線やプラ棒などでディティールアップ。
97034.jpg



余談ですが、コアブースターのキットを発見したら、なんだか無性に作りたくなってしまいました。

ところが何故か、パーツを見てみるとロケットノズルの類が全て無くなっているのです。おそらく自分で何かに流用したのだと思うのですが、全く思い出せません。
う~ん、いったい何に使ったんだろう…?

そして十年後くらいにまた「コアブースターのタイヤ、いったい何に使ったんだろう?」とか悩むのかもしれません。




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/06/29(日) 21:08:12|
  2. 九七式大型飛行艇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。