建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

みらい キット概要

時系列が変になってしまいましたが、キット概要です。

完全新規のキットではなく、こんごう型のキットに改造用パーツ追加という仕様になっています。
そのため製作には少々困難が伴い、工作の大半は船体の継ぎ目消しや成型に当てられることとなります。

舷側はともかく、上面のヤスリがけは煙突を避ける必要があるので苦労します。私は煙突を一旦切り離してヤスリがけしました。
mirai012.jpg

ヘリ格納庫内に後部VLS!!
シャッター開状態にする場合は削り落とす必要があります。
mirai013.jpg

艦尾の改造は2種類選べるようになっています。

これは船体艦尾延長なしで発着甲板のみ延長するタイプ。
原作ではこの状態で描かれていますが、全長がこんごう型のままになってしまうので設定全長より短くなります。加えてみらいには艦尾ホイップアンテナが二本あるので追加しておく必要があります。
mirai014.jpg

こちらは船体艦尾延長タイプ。設定全長通りのサイズになりますが、原作の絵とは少々異なります。
他の護衛艦と並べたい場合はこちらのほうが良いかもしれません。
mirai015.jpg

どちらを選んでも間違っているとは言えないので、製作する場合はお好みで選ぶと良いと思います。
発着甲板の滑り止めが少々オーバーに表現されていますが、これはこんごう公試時の状態を再現したものらしく、その後改修されたようなのでヤスリがけしてなめらかにして構わないでしょう。
ベアトラップ軌条は当然モールドされていませんので、自分で彫るか付属のデカールを貼るかの選択となります。


個人的に気になったのがヘリ格納庫側面の四角いモールド。これが何なのか謎です。
mirai016.jpg

原作(最初の巻)を見ても描いてありませんし、モデルになったむらさめ型の格納庫にもありません。妙に浮いている感じがしたので削り落としました。
(後期の巻を見てみたらしっかり描かれてました。('A`)プラモを作画資料にするようになったのでしょう)


もう一つ謎だったのがこの甲板上の四角いモールド。
mirai017.jpg

実艦写真を見てもこんなディティールはなく、いったい何なのかとずっと思っていたのですが、どうやら位置的に係船孔(フェアリーダーのようなもの)を簡易表現したもののようだと気がつきました。
とても係船孔には見えませんので削り落としても構わないと思います。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/12/18(火) 21:29:02|
  2. DDH-182 みらい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みらい 「うみどり」の製作

申し訳ありません、加賀の製作は少々悩んでいますので、もうしばらく「みらい」製作を続けることをお許し下さい。

今回は艦載機の「うみどり」です。キット付属のものはどうも形状が今一つ似ていません。
mirai007.jpg

参考までに食玩のうみどりです。しかしこれはかっこいい、実用化してほしいですね、何に使うのかは不明ですが。
mirai008.jpg

比べてみると、みらい付属のうみどりは機首がとがり過ぎていますし、キャノピー枠が太すぎで形状も違います。

どちらにしてもキャノピーは透明化するつもりだったので、透明プラ板を接着後に削って成型します。機体下部もラインがなめらかになるように削りました。
mirai009.jpg

0.2mmの真鍮線で機首のバルカン砲と着陸脚を追加、タイヤはプラ棒の輪切りです。
mirai010.jpg

せっかくなので翼と胴体に真鍮線を通して可動式にしました。
mirai011.jpg

…もうちょっと尾翼に手を加えようと思います。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/12/17(月) 20:23:45|
  2. DDH-182 みらい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みらい 吸排気口の製作

ずっと悩んでいた吸排気口の工作です。

キットのモールドをガイドにして、浅く掘ります。
mirai004.jpg

そしてこのように、エポパテでルーバーを作ります(写りを考えてスミ入れしてます。)
mirai005.jpg

掘っておいたパーツに埋め込んだ後、伸ばしランナーで分割線を入れます。これで完了。
mirai006.jpg

アオシマのむらさめ型などは部分的に吸排気口が省略されていますが、この方法で再現できるのではないかと思います。

しかし今となっては、なんでこんなことで悩んでいたのかと思います。


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/12/15(土) 02:51:50|
  2. DDH-182 みらい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。