建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レーサーミニ四駆 ホットショットjr

今年の3月、ミニ四駆25周年を記念して、ついにホットショットjrが再販された。このマシンは長いこと絶版になっていて、手に入りにくいミニ四駆の筆頭だった。

今見てもかっこいいデザインで以前から欲しいと思っていたのだが、オークションでは値段が跳ね上がり、貧乏人の僕にはとても手が出ない状態が続いていたのだ。
再販版のホットショットJrは、原油高の影響なのかどうか値上げされてはいたけれど、それでも構わないと思う。このホットショットのシャーシはタイプ1と言い、レース仕様のミニ四駆シャーシの中では最初期のものだから、性能的には現在のものには遥かに劣る。はっきり言えばレースには使えないのだ。
ということは、競技指向のミニ四駆ファンが買うかどうかは未知数で、僕のような一部の好事家がコレクション用に買うのが関の山…、という可能性が高い、
金型の維持費もかかるのだろうから、採算をとるためならいたしかたない。
hotshot01.jpg

ホットショットは元はタミヤオリジナルのRCカーで、ミニ四駆のそれはスケールダウン版にあたる。
ワイルドウイリスjrは確かに好評ではあったけれど、トルク重視の設計だったため、子供達の間では走るスピードが遅いと言う不満があった。そもそもレースをするために開発されたものではないから当然だ。
スピードを求める子供達の願いを聞きつけたタミヤは早速ミニ四駆の再設計に取り掛かり、それまでのミニ四駆のシャーシとは根本的に違うタイプ1シャーシを作り上げた。
そして昭和61年11月、新しく生まれ変わったミニ四駆、ホットショットjrが発売となり大ヒット商品となる。これがレーサーミニ四駆シリーズの始まりだった。このシリーズはその後ホーネットやブーメランなど、タミヤRCのjr版を次々と発売し、子供達の絶大な支持を受ける。

このタイプ1シャーシを組み立ててみると駆動系の抵抗の大きさに閉口する、最近の新型シャーシとは比較にならない、昔からこうなのか、それとも再版品だけがこうなのか、当時のミニ四駆を買ったことがない僕にはわからない。
だが、ギヤの接触部分を一つ一つチェックしていって、抵抗になっている場所を削るなどして手間をかけてやればそれだけ速く走らせるようにできる。それは今のミニ四駆も同じではあるが手間の度合いが違いすぎる。
hotshot02.jpg

苦労して手間をかけて、友人よりも速いマシンを作り上げたとき、それはどれほど宝物のように思えたんだろう。

ホットショットを組み立てながらそんなことを想像し、僕は当時のミニ四レーサーたちがちょっとうらやましくなった。




(2008/6/22 追記)
2008年五月末、ダブルシャフトモーター採用のMSシャーシ仕様でホットショットが発売された。
これでオールドファンも、ホットショットでミニ四駆現代戦を戦うことができるぞ!



そして七月にはなんと、あのエンペラーがMSシャーシ仕様で発売!
  1. 2007/07/11(水) 23:17:59|
  2. ミニ四駆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/96-5e282309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。