建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤城 舷外消磁電路

赤城の消磁電路がどのように張られていたのかは、正確には不明のようです。
そのため赤城の模型を作られる人は省略する人も多いようで、今回参考にしている学研本の1/200赤城模型も舷外電路は省略されています。
最初は自分も省略しようかと思っていましたが、やはり無いと寂しいと思い、推定で張ることにしました。
ウイングクラブから発売された1/144赤城模型には舷外電路が再現されていたので、部分的に参考にしています。
akagi125.jpg

今までは舷外電路の再現には伸ばしランナーを使用してきましたが、今回プラストラクトの0.3mmプラ角棒を購入して使用しています。
伸ばしランナーでも良いのですが、同じ太さのものを作るのに苦労するので、最初から均一な太さのプラ棒が使えるのはとてもありがたいです。
舷外電路以外にもいろいろと使えるので重宝します。
akagi126.jpg

akagi127.jpg



仮組みした全体の画像です。まだやることは多いのですが、ようやくここまで来たかという思いです。
徐々に細かい部品が多くなってくるので、板に仮固定して持ち手にしています。
(クリックすると大きな画像で見れます。)
akagi128.jpg



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/06/30(土) 20:55:00|
  2. 赤城 (真珠湾攻撃時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/89-06bf86e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。