建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤城の資料

今回製作するための資料です。左から順に

①.モデルアート社 艦船模型スペシャルNo.1 赤城・加賀
②.モデルアート社 日本海軍艦艇図面集3 
③.丸スペシャル 空母赤城・加賀
④.学研 太平洋戦史シリーズNo.14 空母機動部隊
⑤.光人社 日本海軍艦艇写真集5 赤城、加賀、鳳翔、龍驤
⑥.軍艦メカ図鑑 日本の航空母艦
akagi008.jpg

以上の六冊です。
①には赤城と加賀の年代別の作例が載っていますが、修正点に関してはあまり詳しく書かれていないので、どちらかといえば製作テクニックの参考がメインです。ただ搭載機に関しては、そこそこ詳しい解説があるので重宝します。
②は空母、水上機母艦、潜水艦の図面集で、赤城と加賀に関しては1/700大の図面が収録されているので便利です。三段空母時代の図面まで収録されているので三段空母に改造したくなるという誘惑にかられます。
③は写真と実艦の歴史について書かれたもの、加賀のカラーイラストは載っているのですが、赤城のはありません。
④には1/200スケールの赤城模型が掲載されていて、かなり参考になります。ほとんどはこの写真を参考に製作することになると思います。
⑤は丸スペシャルに近い内容です。写真は不鮮明なものが多いのですが、艦橋の写真はとても鮮明なので、参考になるかもしれません。
⑥は日本の空母の構造が良くわかる内容です。赤城に関しては艦橋の詳細なイラストや図面があり、飛行甲板下のハンギングレールの構造も掲載されているので、赤城をきっちりと作りたい人には必須でしょう。

ということで、まずは日本海軍艦艇図面集3の図面をコピーしてきました。1/700サイズなので便利です。既に人員救助ネットの位置を書き込んでみましたが、必要に応じてこれからいろいろと書き込んでいくことになるでしょう。
akagi009.jpg

このキットを資料に忠実に作ろうとすると、飛行甲板の表面は当然として、艦橋形状、高角砲周り、材木置き場、後部甲板など、目立つところだけでもこれだけの修正を強いられます。
ですからWLモデラー初心者にはあんまりお勧めできません、それなりに上達するまで、WLシリーズに赤城のキットは存在していないと思い込みましょう。
それでも、どうしても赤城が欲しいと思うなら、資料には一切目を通さずにキットをストレート組みして「赤城とはこういうものだ」と強引に納得するのが良いでしょう、キットのモールド自体はシャープで、印象はとても良いですから。

それにしても待ってる人は多いはずなのにリニューアルの予定はないんでしょうか、もし新キット出すなら私が製作を終えてからにして欲しいとは思いますけれど…。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/05/22(火) 20:44:39|
  2. 赤城 (真珠湾攻撃時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/52-5c0a8aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。