建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

切り抜く本 世界の軍艦

今回は画像を用意できないのがとても残念。

昔、切り抜く本というペーパークラフトブックのシリーズがあった。
軍艦以外にも戦車や飛行機や蒸気機関車などがあり、完成後の形状も優れていて、たかが紙工作などとは侮れないものだった。

世界の軍艦に収録されているアイテムは、
Uボート,ネルソン,キングジョージ5世,フッド,ビスマルク,サラトガ,伊-400,陽炎,秋月,長良,阿賀野,最上,高雄,赤城,大和
の十五隻で、古い記憶なので自信はないがスケールは1/700だったと思う、正に紙で作るウォーターラインシリーズだ。
一冊の本でこれだけのアイテムが揃うし、真っ白い紙製の軍艦が並ぶ表紙写真がなんともいえない不思議な味わいで、軍艦好きの僕は買わずにはいられなかった。

しかしペーパークラフトとは言っても児童向け雑誌に付いてくる付録とはレベルが違う、紙をきれいに加工するのは意外とそう簡単ではない、当時小学校低学年だった僕には製作は困難で、最初は練習にと駆逐艦や潜水艦に手をつけたがとても形にならなかった。
でも僕はめげなかった。憧れの大和を完成させるまで絶対に製作技術をモノにしたいと思い、ひたすら作り続け、重巡クラスくらいになるとそこそこ作り上げられるようになった。
この本には、紙をきれいに加工するコツやテクニックが紹介されていたから、それに従って練習すれば技術を覚えることは不可能ではなかったのだ。
それで覚えた技術は今、模型製作においてエッチングパーツの折りや曲げなどに生かされている。
そして一見困難に見える技術でも、練習し続ければ必ず習得できることを覚えた。
自分の人生に影響を与えた本は何冊かあるけれど、この本は間違いなくその中の一冊だ。

最近気になって検索をかけてみたら、数年前に限定復刻していたようだ。在庫は少なくなってきているようだが、ネットショップをいろいろと探してみれば入手はまだ可能だ。
ただペーパークラフト未経験者にはそれなりに困難なので、もし挑戦してみようと思う人は覚悟して挑んでいただきたい。

最後に書こうか書くまいか迷ったが、やっぱり書こう、肝心の大和を完成できたかということだが、結論を言えば完成できなかった。
決して困難だったわけじゃない、船体が組みあがったところで母に壊されてしまったのだ。
わざとやったのか、それとも過ちだったのか、今となってはわかるはずも無いし、本人はもう覚えてもいないだろうが、母は僕に謝るどころか逆切れしたのだった。
その時から僕は母に不信感を抱くようになった。人間的に胡散臭い部分があるということに気づいたのだ。そのことは時間が経つにつれ明確にわかるようになり、常に母の言うことに懐疑的になることのきっかけになった。
母の言うことを信用するかしないか、判断しなければならないという状況になった時、僕は必ず、あの時壊された大和のことを思い出し、判断の基準にする。
それは僕が大人になった現在、大いに役立っている。

この本には、本当にいろいろなことを教えられた。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/04/28(土) 16:25:45|
  2. 模型全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/35-2f9a648c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。