建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

百式司偵 脚部の製作(2)~完成

主脚にブレーキパイプを取り付けました。パイプがトルクリンクの中を通っていくのが百式司偵の特徴。
hyaku052.jpg
動作用ロッドは削り落としてからプラ棒で作り直しましたが、強度が下がるのでやらないほうが良かったかも。

赤く塗った部分は実機には無いので切り取りたいのですが、それをやってしまうと機体を支えられなくなってしまうのでそうもいきません。
hyaku052a.jpg

そこでいらない部分を黒く塗ってごまかすことにしました。
hyaku053.jpg

まあ悪くない感じです。
hyaku054.jpg

機首の着陸灯の部分にはアルミホイルを丸く打ち抜いて貼り付けておきます。
hyaku055.jpg

爆弾を取り付け、鋼線を巻いておきます。
hyaku056.jpg

風車抑えですが、これは自分の勝手な解釈です。
hyaku057.jpg
植木氏の手記によると、安全装置解除の時は操縦席で鋼線を引っ張ると書かれているので、たぶん風車に鋼線を直接巻きつけたんじゃないかと思ったんです。
もしかしたら抑え用の棒が取り付けられた可能性もあるかもしれないですが、ちょっとそこまでは不明でした。


風防はけっこう透明度が良いので、機内を作り込んでおいた甲斐がありました。
これでたまに覗き込んでニヤニヤできます。
hyaku058.jpg


アンテナ線を張って完成です。(クリックすると大きく表示されます)
hyaku059s.jpg
線の張り方は部隊によって多少の違いがあるようなので、これが正解というわけではありません。
hyaku060s.jpg


キットは機内の省略が多くて個人的にはちょっと物足りないと感じました。
でも機体形状の出来はさすがというべきで、スジ彫りも綺麗で気持ちよくスミが入ってくれました。
そのうちⅡ型も作って並べてみたいですね。


あと、今回初めてキャノピー用のマスキングシートを使ってみたのですが、とても使い勝手が良かったです。
位置合わせにちょっと失敗しても容易に貼り直しができるのがいいですね。

日本機は窓枠が多くて面倒だなって思ってる人にはホントオススメですよ。

さて、しばらくはインプレッサを作りながら次の準備をするつもりですが、次も飛行機作ります。
その次に艦船をやるつもりですが、たぶん来年になっちゃうでしょうね。


  1. 2016/06/12(日) 18:23:09|
  2. 百式司令部偵察機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/345-e4ece8d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ