建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久保技師が司令部偵察機を作るようです 第二話




               /.:.:.         \
                  /:,:.:.:  /   ヽ    \       昭和12年7月、支那事変勃発
              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
                /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ     九七司偵は8月から戦線に投入された
            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j     そして中国奥地の衡陽、重慶、蘭州、昆明と、
              ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ       敵飛行場や戦略目標を捜索し、
                    `ヘ:ゝ    .'    小/        日本軍の作戦立案に大きく寄与した。
                      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_  
             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ
              /  | l:l   l     l   l::l l        これにより戦略偵察の有用性は実証された。
               l  ヽハ    l    l  //  |
            ハ  ヾヽ  l   l  // l l        日本陸軍にとって「司令部偵察機」は
               | ヘ  l ヾ\ ヽm/ ,/ V :|        必要不可欠な存在となったのである。
             ノ  \|  `ト,\V/|   │ 、|
            {/ ̄>‐ァ、  j__≧i≦ !,ィ彡三>ヽ
           j  /{ `ヘ三三三ミ=彡<_/  }
           {   >ー‐'"ト-- (^ー'⌒ 〉 __ノ
           `ー‐イ      | { { {T'┬='ーく |
                | |    ∨  〉〉〈( j    }|
                K_/x'⌒{\'-' ‐}>└r‐xヘ}|


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                            「第二話 新たな翼、新たな決意」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――







九七司偵は現場でも好評であった。

すぐに性能向上型の二型も作られ、最高速は510km/hを実現していた。

しかし藤田少佐(12年8月に昇進した)と安藤技師は既に、

具体的には九七司偵が制式採用となった直後から
次世代の司偵を模索していたのであった。



                              / ̄\
                             |     |
                               \_/
                                |
   今は高性能とはいっても           /  ̄  ̄ \ 
   数年後には追いつかれるだろうね   / \ /   \
                          / -(●)==(●)-   \ 
                           |   (__人__)      | 
                          \   `⌒´      / 
                        :: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \  

         _
       /O \
         |. °  |
       \_,/
         \
         / ̄ ̄ ̄ ̄\     確かに九七司偵の仕様は
        /          \    暫定的なものだし
       /             ヽ
       |.     ヽ、    ノ  |   敵機の高性能化には
        |      ●    ●  |   備えておかないとね
       ヽ  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃/
        ヽ          ./
         |三三三三三三三|
       / ___      ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


                              / ̄\
   どうだろう、                   |     |
                               \_/
   ここはひとつ                      |
   思い切った高性能を             /  ̄  ̄ \ 
   要求してみようか              / \ /   \
                           / -(●)==(●)-   \ 
                            |   (__人__)     | 
                           \   `⌒´     / 
                        :: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
         _
       /O \
         |. °  |
       \_,/
         \
         / ̄ ̄ ̄ ̄\     
        /          \     そうだね、彼らの実力なら
       /             ヽ    きっと大丈夫だよ
       |.     ヽ、    ノ  |  
        |      ●    ●  |    
       ヽ  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃/
        ヽ          ./
         |三三三三三三三|
       / ___      ヽ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    久保くん、新型の司偵を作れと
. |     (__人__)    陸軍から命令が来てる。
  |     ` ⌒´ノ.
.  |         }.    実はそろそろ久保くんを設計主務者に
.  ヽ        }.    据えようかと思っていたんだが…
   ヽ     ノ
   /    く
   |     |

                            ____
                          /⌒  ⌒\
                        /(●)  (● )\
                       /::::⌒(__人__)⌒::::: \
      本当ですかお!?     |     |r┬-|      |
      ぜひやりたいですお!   \     `ー'´     /
:                      /              \

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    いや、それが今回は軍の要求性能が
. |     (__人__)    ちょっとキツくてな……
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     |

                                      ____
                                    /⌒  ⌒\
   ::                               /(●)  (● )\
 九七司偵以上の性能を望むのであれば      /::::⌒(__人__)⌒::::: \
:   そりゃ当然ですお、 ::::                 |     |r┬-|      |
  で、どんな要求なんですかお? ::           \     `ー'´      /
: ::                               /              \

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\      ( )内は九七司偵との比
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    常用高度 4000~6000m (2000m増)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ.    航続距離 2400km以上  (少なくとも九七司偵以上で)
.  |         }. 
.  ヽ        }
   ヽ     ノ      最大速度 600km/h以上 (100km/h増)
   /    く
   |     |       発動機は空冷でよろしく、だそうだ




         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /::(  ̄) (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::\         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚ ::                      ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



         __, -──- 、
      / /        `ヽ       空冷式のエンジンで600km/h以上というのは
      / ,'           \      無茶な要求だといえる
     /  ! / / ,  ,   } ヽ  ヽ    
     ,'  │ {, 'i ィレ'レ|  ハ ハ !  ハ
    ,イ   |   |‐‐‐-、 レ' _ム__!_i/ ! }   空冷式エンジンはどうしても前面面積が大きくなり、
   ~ レ、 i  ,ィ≠、     ___ }ノノ}ノ.   カウリング前縁付近に衝撃波が発生する可能性があるため、
      N,ヘ  V:rソ    {!::jテ//.     600km/h以上の高速を実現するのは困難というのが
      ` レヽ ! ̄   ' └' //.      世界的な常識だったから。
        `ヘ |>、  ‐   , イ/
          ,∨- ≧ー≦´W
       ,<ヾ、  \ニミ! `¨ヽ__.     欧米では、高速機を作る場合、必ずと言っていい
       /::::\ , ――┘、/, ―‐┤    ほど液冷式エンジンを採用していた。
       /::::::::::|  ̄ ̄ ̄ iー 'i    , !、
       /::::::::::::レ┐    |  |   {  l


空冷式                                              _
                                                /´-,`\
            ii                   ,,____                    /   |   ヽ
            ii . .           ,.. イ┼‐┬┼'¬―t―ァ――-_ 、..,,__,/     |.     l
            ii-F"""´ ̄| ̄ ̄~~>―┴‐┴/L⊥__⊥X γ_∧_ヽ,    =======- l
            ii |       .| r――¬――- 、,         (\ ○ /)         |   ノ
       ⊂口;| .     .―|   -=====-     \      ゝ//\iノ  ._,,..±-‐┴‐ ' ´
            ii |       .|(|―------__―  .\±ニ-`―― ' "゙´ ̄
            ii .ゝ±、__<'‐ニf-―┴――´―¬''''´~ ̄
            ii      ``´
            ii



液冷式

 ミ                                        /⌒ヽ
 ミ               __  ____ ,-‐=-、/            /  i  .i
  ミ           _//| | ] | | | |/_|_|_|.ヾ/-- .....,,,,,____  </.   i  .i
 _,,. .-‐ '''""~ ̄ ̄ ̄   ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄` ー-‐.'´  γ ⌒X.   ̄~~゛゛ ''''''ニ--- i
<   ) r;;;;r;;;;r;;;;n                     { ◎ }              二ソ~゛゛`
. "'''-.ソ._          .,,、、-‐‐‐‐- 、.,_       ゝ  ノ  ...._ ,,... -‐ '' "´
 ミ   ` ー-- .....,,,,,_ __(            >_ ,,... -‐ '' "´     `◎
ミ       ゝ---‐ '´ "''' - .,,_     <
                   ~""''' ‐- 二ニ=─


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                                     / ̄ ̄\
                                  /  ヽ、_  \
                                 (●)(● )   |
だが、久保くんも知ってる通り               (__人__)     |
日本には良い液冷式エンジンはない、          (`⌒ ´     |
                              .     {           |
司偵の性格上、信頼性の低いエンジンを         {        ノ
使うわけにいかないからな・・・                 ヽ     ノ
                                    ノ     ヽ
                                     /      |




           ____
         /:::     \
      ;/::::::::::     \;
      /::::::::::         \   うぐぐぐぐ・・・
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;





――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



         ____
         / _ノ ヽ、\
      /o゚((>)) ((<))゚o   ぶわっはははははーー!
     /    .:゚~(__人__)~゚:\
     |         |r┬-|    |    空冷で600km/h以上!?
     \、     i⌒i‐'  ,;/
    /  ⌒ヽ.ノ ノ  く
   / ,_ \ l||l 从\ \     ありえねーお!
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ
                        __
                        /ノ ヽ\
                      /(○)(○) \
                      | (__人__) u|
                     |        |
                 .    |        |
                 .    ヽ      /
                       ヽ    /
                        /    ヽ
                        |      |
                        |      |

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。        おもしろいじゃないですかお、
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \       そんなの普通、誰もやらないんだお
          |     |r┬-|     |   て    
         \      `ー'´     /( `´) そ
        /           \ノ ノミ     河野さん、やる!やるお!
        |\ \・      ・ \____ノ


                                 / ̄ ̄\
                              /  ヽ、_  \
                          (●)(● )    |
 久保くんのそういうとこ          (__人__)     |
 ほんとパワフルだよなー         (,`⌒ ´     |
                             {        nl^l^l
                              {       _l   /
                           ヽ、    (,  <
                           /     ヽ  \
                         /       ヽ   \
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


     / ̄ ̄\       設計指導役は私が務める、
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     久保くんが設計主務者で、
   |      (__人__)    
.   |        ノ     副主務者は三人、
    |      ∩ ノ ⊃    杉山三二、水野正吉、加藤晴明だな、
  /     ./ _ノ 
  (.  \ / ./_ノ │    その下に二十人ほどの助手を付ける
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

                                ____
                     , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
                   -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
 ベテラン揃いで        ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
 心強いんだお!         //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
                  ,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
                 /    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
                 \___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)      まず基礎形を決めていかなくちゃな
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      エンジンに関しては、単発か双発か
.  |         }      どちらでも構わないそうだ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |

                                  ____
                                /      \
  う~ん・・・、                      /─    ─  \
                             / (●)  (●)   \
  この場合は双発が相応しいですお.    |    (__人__)      |
                             \   ⊂ ヽ∩     <
                               |  |  '、_ \ /  )
                               |  |__\  “  /


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


                                           ___
 個人的には単発で美しい形状にしたいんだお            /     \
                                iニーヽ    /─  ─   \
 でも戦闘機より速いという要求に対し、      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
 単発で航続距離の短い戦闘機よりも        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)   u   |
 速くすることは難しいですお                   ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
                                       '、_ \       )
                                         \ \ / /|


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 それから、                                     ,.-、
 航続距離増大の要求に対しては、          ____        ( ノ゙\
 どうしても縦横比の大きい               /      \    i′ ヽ_ )
 面積の広い翼になるから、             / ―   ―  \   .〉  ,.く
 計算では双発のほうがやや有利だお     / (●) (●)   \/   ハ ヽ
 .                             |   (__人__)      |   /  ヾ
 .                            \    ヽノ      / /  ! i
 それに双発なら、                     \_          <、   〃ノ
 片発が故障しても帰ってこれるから        /       ,.-、   _, -` く '"
 司偵の任務にはうってつけですお          /   |       (`   ̄     〉
 .                                !  <|       ヽ、__,.― --―'


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \        そうか、発動機は何を選ぶ?
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__) 
  |     ` ⌒´ノ
  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     |
                                   ____
                                 /⌒  ⌒\
                               /(●)  (● )\
                              /::::⌒(__人__)⌒::::: \
      出力が若干劣っているけど、      |     |r┬-|      |
      九七司偵と同じハ26に        \     ` ー'´     /
:      しますお                 /              \

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                   ,ヘ
       ____      / /
      /⌒  ⌒\   / / 
    /( ●)  (●)\/  /
   / :::::⌒(__人__)⌒::::\ /       翼型も九七司偵と同じB-9で
   |     |r┬-|       | 
   \     ` ー'´     /
   /           \
  /              \
 /  /\            ヽ
  /   \           ノ

                                  ./ ̄ ̄\
                                  / ヽ、_.   \
                                . ( (● )    |
     まぁ自然とそうなるだろうな          . (人__)     |
                                r‐-、        |
                                (三))      |
                                > ノ       /
                               /  / ヽ、    /
                               /  / ⌒ヾ   〈
                               (___ゝ、  \/ )
                                 . |\    ,.1

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

      |   /″  _..-'"´    ─==二二===─
    /!  !| /   /    .  ̄~゙'`- ゙̄<      九七司偵のプロペラは二枚羽根の固定ピッチだったから、
    ! ! │.l/ . /   __三三二=  ゙\ `''ー   あるスピードに達するまではパワーが出ないという欠点があったんだお
     l!  l  ./  _彡       ヽ   \  
    、 │ ./ 彡 ─、,,三   _ヽ、-ー 、 \  
     ゙t、│ l  〉       `Y(,_ 川 》》    だから今回は定速プロペラにするお    
      ゙.l′ | (´   ─ミ_  入_____ク
   l    \| 川         \_/   //  __
   ヽ 、.   ||   ─、,_   !   彡  /     \
      ゙.l'、 ヘ,ヽ      ヽ彡  彡(/   \ , , /\
       ヾ'、リ-,ミ ¬ミ-ー"  /彡 ノ   (●)  (●) \
 ,,    ゙゙!Vツ    ミ、_    彡彡 /ヽ     (__人__)   |
  `゙!ハ;; .._  `''‐ ,,,_ `二三<  彡   /ヽ    |r┬-|  ,/
  ───‐`'''ー ..,、 . ゙゙゙゙̄∨”゙ /  /  ヘ   `ー'´  r'.二ヽ、
      ̄ ̄ ̄ ̄´   ._,, -'"゛ .,〃./   .il゙       i^Y゙ r─ ゝ、

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

         / ̄ ̄ ̄\
         /        \      脚は引き込み式にして
      /   ─   ─  ヽ     さらにカバーで覆うようにするお!
       |   (●)  (●)  |
      \   (__人__) __,/     エンジンナセルに収納できるから
      /   ` ⌒´   \     翼は厚くしなくても大丈夫だお
    _/((┃))______i |
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     重くはなるが、今回は双発で
 |    ( ●)(●)    パワーが充分あるから大丈夫だな、
. |     (__人__) 
  |     ` ⌒´ノ    脚の収納部をカバーで完全に覆うのは
  |          }     日本の双発機としては初めての試みだろ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     |

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                                      / ̄ ̄\
                                    /  ヽ、_  \
                                   (●)(● )   |
  あと、防御用の火器を装備しろと             (__人__)     |
  軍から指示されていたな  .                (          |
.          .                          {          |
  艤装担当は水野くんか                  ⊂ ヽ∩     く
                                    | '、_ \ /  )
                                    |  |_\  “ ./
                                    ヽ、 __\_/
     | 
   / ̄ ̄\
 /   _ _\
 |     ・  ・ |
 |  @  (__人_)       風防の後端を回転式で収納できるようにして 
 |     ` ⌒´/       7.7mm機銃がせり出せるようにしました
 |         }
 ヽ        }        ただ、射角をあまり広くできないのが難点ですが
  ヽ     ノ
   /    く


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


                     操縦員     偵察員
      ii        |         ↓       ↓           /´ ̄ 'ヽ
      ii        |       ________          ,イ  |   l
      ii   ,____|____,/¬|┼‐┼‐┼‐┼┼┤H ̄¬ー-、.,,_,イ   |   l
      ii γ   E|   |    `"¬┴‐┴‐┴‐┴┴┴┘   _        |    l
     , '´ |     ,,E|   |   ,.、-―‐-- ,,   ,,,, ;;;;;     γ;;;;;X  ‐====- ̄」
      . `'ヽ|    ..E(っ | / -====-ヽヽ、――""- 、   乂;;;ノ _,,,..± -‐'< ̄
      ii ゝ__,,,|___!<_____,,,....>±-――‐‐`―¬''''' ̄
      ii         |ニニ「
      ii        ,x-!-- ⊥.,
      ii       (   i   i >
             `=ー='"´
               `"´
         .___
      /)/ノ ' ヽ、\        そういえば、九七司偵で気になってたんだけど、
     / .イ '(●)  .(●)\ 
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \     操縦者と偵察員の席が離れてて、不便だなって思ってたんだお 
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     | 
  . \ ヽ           /    なるべく席を近づけて、会話がしやすいようにしたいお
                 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  /   \   ヽ      座席を横並びにすることも検討してみたけど
      |  (●)  (●)   |     機体が太くなって空気抵抗が増えるお
     \  (__人__)   __,/
     /  ` ⌒´    \
   _/ _______i | ケシケシ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /__凵_______ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \    操縦員と偵察員の座席を前後に近づけましたお、
    |      |r┬-|    |    これなら伝声管を使わなくても意思の疎通が容易ですお!
     \     `ー'´   /    
    ノ            \

※資料が残されていないので想像図、実物大模型も作って検討された
yh008.jpg

       / ̄\
       |     |
        \_/
        __|__
     /      \
    /  ─   ─\
  /   -(●)==(●)- \    安藤さん、これは・・・
  |       (__人__)   |
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /___|  |
    \ /___ /
                               _
                              /O \
                               |. °  |
                              \_,/
                                |
                          / ̄ ̄ ̄ ̄ \
     ああ、うまくないね         /            \
                       . /               ヽ
                       /  ノ     `ヽ    |
                       |    ●    ●      |
                       ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
                        \_           /

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       / ̄\
       |     |
        \_/
        __|__
     /      \
    /  ─   ─\     久保くん、
  /   -(●)==(●)- \    これだと翼が邪魔になって
  |       (__人__)   |    偵察員の下方視界が悪くなるんだが……
 /      ´ ⌒`  /
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\      アッー!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

             _
            /O \
             |. °  |
            \_,/
              |
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \        予想はしてたけど、やっぱり双発になったか
       /            \ 
.      /               ヽ      ただ、今回は空気力学に相当突っ込まないと
     /  ノ     `ヽ    |      目標値達成は難しいだろうね
     |    ●    ●      |
     ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
      \_ /⌒l        /
       l/  /三三三三三l.

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


     ____  
   /      \
  /   ノ   ヽ、_\       しかし自分で決めといて何だけど、
/    (─)  (─) \    エンジン二つ分の空気抵抗は深刻ですお、
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃   /      カウリングの形状設計に苦心してますお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

                                     / ̄ ̄\
                                  /  ヽ、_  \
                                 (●)(● )   |
                                  (__人__)     |
       タウネンド・カウリングは             (`⌒ ´     |
       使わないのか               .    {           |
                              .      {        ノ
                                    ヽ     ノ
                                    ノ     ヽ
                                     /      |
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \          ナセル全体を流線型にした
 /    ─   ─ ヽ         新しい形状でやってみたいんだお
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \
                                      / ̄ ̄\
                                    /  ヽ、_  \
                                   (●)(● )   |
    ならば、空気力学の                 (__人__)     |
    専門家に協力してもらうか              (          |
.                                    {          |
    ナセルの模型を持って                 ⊂ ヽ∩     く
    東大航空研究所に行こう                | '、_ \ /  )
                                    |  |_\  “ ./
                                    ヽ、 __\_/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
                  ├─┤
              || ◎ ||
   ___┬┬┬┬┬┬┬|| == ||┬┬┬┬┬┬┬_
 |二二二二二二二二|| 田 ||二二二二二二二二|
  | 田 田 || 田 田||=:|| == ||::=|| 田 田 || 田 田 ||
   |――――――――|| 田 ||::―――――――::||
   | ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄|| ;;|| == ||::::|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄||
:(:::)| 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=||..田 田 ||..田 田 ||::(::)::):::::
:::|| |――――――――|| 田 ||::―――――――::||:::||::||::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                            ____
                          /⌒  ⌒\
 河田三治教授は             /(●)  (● )\
 高速流体力学の大家で       /::⌒(__人__)⌒::::: \
 プロペラの権威なんだお        |     |r┬-|      |
                         \    `ー'´     /
                       /              \


             , -― ― - 、
             /::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
           /::::::/ ̄ ̄ Wvv'⌒ヤ
          l::::::/    ";,,    }    
           |::::::〉, - ニミ、_ , _ェェ__}
          /二v'-{! _ θ} 〃-{nヽ /    いらっしゃい
         { { l ,,l、ー-―' ,,|ヽ_{)
         `ヽ_l!;;;;l ,,,;;;;;;;,,,,--'  /     空力のことなら私に任せたまえ
             l l;;;;;;  ヤ ーァ''';;;/
              | 、ヽ;;,,  -  ,/
          ___|_ 丶 \;;;;;;;;;;;;;/
        / {  ¨ -- ニ-イェ、_
       /   !      /ヽ  l`ヽ、
    __/~l    |、      /::::::::::l、 |  l-、
 _ ェ ´  l     | \__/〈::::::::::〉∨|  ヽ `ヽ、
´     l       |     /::::::::l   |    丶 ≧ 、_
      l       |    /:::::::::::|   |    ヽ     ≧、


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

             , -― ― - 、
             /::::::::::::::::::::::::::::ヽ、     ・・・なるほど、それは難しそうだね
           /::::::/ ̄ ̄ Wvv'⌒ヤ
          l::::::/    ";,,    }    飛行機自体の速度が600km/hだったとしても、
           |::::::〉, - ニミ、_ , _ェェ__}    エンジンナセルのように湾曲の大きいところでは
          /二v'-{! _ θ} 〃-{nヽ /    空気の流れはずっと速くなるんだ
         { { l ,,l、ー-―' ,,|ヽ_{)
         `ヽ_l!;;;;l ,,,;;;;;;;,,,,--'  /     もしかしたら800km/hは越えるんじゃないかな
             l l;;;;;;  ヤ ーァ''';;;/
              | 、ヽ;;,,  -  ,/
          ___|_ 丶 \;;;;;;;;;;;;;/
        / {  ¨ -- ニ-イェ、_
       /   !      /ヽ  l`ヽ、
    __/~l    |、      /::::::::::l、 |  l-、
 _ ェ ´  l     | \__/〈::::::::::〉∨|  ヽ `ヽ、
´     l       |     /::::::::l   |    丶 ≧ 、_
      l       |    /:::::::::::|   |    ヽ     ≧、

                                    ____
                                  /_ノ   ヽ_\ 
   そうなると、遷音速に達して            /(●)  (● )\
   衝撃波が発生する可能性は         /::::⌒(__人__)⌒::::: \
   あるってことですかお               |     |r┬-|     ::|
                                 \     `ー'      /
                               /            ::\

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

            ,...:::::::::::....、
          /川レ´ ̄`ヾヽ、
         /   ////   ヽ:ヽ
         l          l::::ヽ         まあ、こればかりはやってみないとね、
         |==- 、__ x‐==ヽ|:::::l
          n! ゙_|::j ! ::.|、l::j_  jレ`ヽ        いろいろ風洞実験をやってみて、
         { |ー―'├ 、`ー一' / l j|        最適な形状を模索してみるよ
         ヽl , , , , , ,; ;,; ; ;,,,,;;Y´ノ
          ヽ;''""-‐-' "'';;;;片´
             ヾ;;,,, ⌒ ,,,,,;;;;/ |
              ト、;;;;;;;;;;;;;;/ / |、
           ,人 `ー "´ /,イ l|、
        , イ/  `ヽ、,x≦´   〉≧、_
       イ/  |l   /::::::ヽ、   //  l丶`ー-=、_
  > ´  〃  |lヽ_./ l:::::::::∧  / /   l 丶     ≧、
/     /   |l   〉≒〈 `´  /   l        ヽ
      /    |l   /::::::::|     /    l
       /    |l  /::::::::::|   /       l


                           ___
                         /      \
                       /⌒   ⌒   \
                      /(⌒ ) (⌒ )   ヽ
   よろしくお願いしますお     | ⌒(__人__)⌒      |
                     \   `⌒ ´     /
                         /              \



専門家の協力を得、何度も風洞実験が繰り返され、
最終的に最も抵抗の少ないカウリングを作り出すことができた。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


さて、キ46開発の途中であるが、ここで悲しい知らせをしなくてはならない、



             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :.\
            /: : : : : : : : : : : : : :丶: : : : : : : : : : : ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : 、 \: : : : : : : : : :. :.
.          /: : : : : : : :/ : : : : : : : : : : \ ヽ : : : ヽ :. :. :. :.
        /: : : : : : : : i : : : i ヘ : : 丶: : : \: : : : :.∨: : : :廴
      /: : : : /: : : : | : : : ト \ : : \.: : : :. : : : : : : : : :. :.  ̄
     /ィ : : : : ' : : i:. :| : : : |  ` ヽ 厶斗: : :∨: : : :i : : : N
    /   |:.i:. :. :i: : : |:. :|小:. :!    /ヽ 厶ミヽ ∨:. :.:|、: : :.ト
.      |:'|:i: : :|:. :. :! : | { 乂:.     ィ斧:ハ } i`ヽ:. :.| } : i:|
        { |:l: : :|: : i : 斗七 ` ヽ  ハう::ソ  .: / : : ル': :.ハ!
.        |:. :. :|: /|:. : :|,ィf斧ミ       ´  ノイ: :. :.小 /
        ハ: : 小{:.l:. : :ト、 うソ          |: : / N }
.        ∧:. :! ∧:. :ト:i:ヽ   `   _      |:.:.从{ _
.           ヽ:.   \∨: : : 、    ´     /!:/ Ⅶ):. :.ヽ
           ヽ    ハ: i : ハ{≧ュ.....  _/  {′ /:. :. :. :. :<_
                八:ト、{       .:´ハ     /:. :. :. :. :. ...:::´::イ`ニ 、
                     } `    /:. :ム}  .イ:. :. :. :. :/::/:. /:::::::::::::ヾ
                        / ― . . .、/:. :. :. :. :. /::::/:. : /::::::::::::::::::: ∧
                       /:/: : : : : : :/:. :. :. :. :. /::::/:. : /:::::::::::::::::::::::::∧
                     ィ:::/:. :. : : : : :. :./:. :. :. :. :. /::::/:. : /::::::::::::::::::::::::::::::::|i
                    //::/:. :. i : : : : : /:. :. :. :. :. /::::/:. : /::::::::::::::::::::::::::::::::: ||


それは司偵生みの親とも言うべき藤田少佐の戦死である。


藤田少佐は一年前、「航研機」による周回長距離記録飛行のパイロットとして
一躍時の人になっていたこともあって、関係者及び日本中の人々に衝撃を与えた。




ヽ         `  _
 ,)_,.v''´⌒ヽ.      ̄ ‐- ..                  / ̄\
        )                          |     |
...   ..:...   ´ヽ.                          \_/
:.:.:.:.:.:.:.:.:..    :..:⌒;                          |
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ                      /  ̄  ̄ \
   ̄ `ー ‐-‐一´                    / \ /   \
           , '⌒ー-‐、             / -(●)==(●)-   \
           ヽ-―--‐-ヽ.っ  r_,つ      |   (__人__)     |
                            :\   `⌒´     /
                              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

     / ̄ ̄\
   /  _ノ  ‐\ 
   |   ( ●) ( ●)     ___ 
   |   || (__人__)    / _ノ  ー\ 
   |.   ノi     ノ   / ( ●) ( ●)
   |   し' .    }  ./    || (__人__) ヽ
   ヽ        .}  |    ノi        |
    ヽ      ノ    \ _し'     /
   /      ヽ   /         ヽ
  /         ヽ, ./  .         |
  /  /      }  | .|  |        | |




現地では藤田少佐の教え子であった荒蒔大尉が慰霊飛行を行い、空から花束を落とした、

使用した機体は九七司偵であった。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<●>:::::<●>。   悲しんでばかりはいられないんだお!
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j 
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._


昭和14年8月

苦心の末ようやく試作第一号機が完成。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


11月、各務原飛行場で江口操縦士によって初飛行に成功。




ヽ         `  _
 ,)_,.v''´⌒ヽ.      ̄ ‐- ...
        )
...   ..:...   ´ヽ.
:.:.:.:.:.:.:.:.:..    :..:⌒;                  __,、         ノ⌒ー'
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ              ,r ヽ'⌒  `^j      ヽ ..:.:.:.
   ̄ `ー ‐-‐一´             r'´       `ー'⌒ヽ    `ー 、:.
           , '⌒ー-‐、       ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ
           ヽ-―--‐-ヽ.っ  r_,つ  ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ- .__,.-
                              ̄   ̄ ̄  ̄ ` ̄ー-



                                                   _.... -、
                          l`'ヽ、 l   ,-‐ 、        _.... -‐ ̄::::::::::::::/
                      ;;..   .l:::::::::::ヽ、 l( ):)ヽ、_... -ー::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                   l  ;)`ヽ、  l::::::::::::::__l::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::-゙゙´
                   ゝ‐´::::::::ノ--- l:::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,, -゙゙´
      ,,,,------――'':':':':' ̄::::ヽ:::::::::ノ::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,,-゙゙´
      ヽ、_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: -゙゙゙´   
           ̄ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄ー--::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
                              ヽ:::::::ヽ  
                                ヽ::::ヽ´l_____  
                            _..... -ヽ::::::::::::::::::::_.... -‐´
                            く-:::::::::---:ヽ、l´ ̄ 
                                    ` 


試作一号機に一部改修が行わた後、試作機は三号機まで作られ、
それ以外に増加試作機が五機作られた。

一連のテストが行われた後、機体は立川に移され、
陸軍航空技研により基本審査が行われた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

昭和15年1月から2月にかけて、満州にて寒地試験実施
              _______________
        + /    /  /             /|
       . /__ /_ /_________/ ./|
        |   /  /_____.          |  //| 頭を冷や・・・
        |  /   // ー  ー ヽ         | .// .|
        |/  ./ / (○)   (○)ヽ.     /|//  |  *
        |.  /   |   (__人__)  |:   /. .|/  . |
        |/     ヽ   `⌒´  ..ノ  /   ..|    |
        |       /        ヽ/      .|    |
        |:     / /i      i/ヽ     |    |


昭和15年3月、下志津陸軍飛行学校で実用試験


                       /\
       __________//\\__________
     ////////////┌┐\\\\\\\\\\\\
   ////////////  └┘  \\\\\\\\\\\\
    ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~           ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
     ||  田  田  田  田   田   田   田  田  田  田  ||
     ||                                       ||
     ||                 ___                 ||
     ||  田  田  田  田   |   |   田  田  田  田  ||
     ||                   |   |                   ||
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

引き続き四月末から飛行実験部で補足実用試験を開始し、8月にその大部分を終了した。



さて、その間の飛行記録結果は……

         ____
       /   u \
      /  \    /\    ドキドキ
    /  し (>)  (<) \
    | ∪    (__人__)  J |  ________
     \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ            \ | |          |
  /´                  | |          |
 |    l                 | |          |

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



         ____
       /   u \
      /  \    ─\    チラッ
    /  し (>)  (●) \
    | ∪    (__人__)  J |  ________
     \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ            \ | |          |
  /´                  | |          |
 |    l                 | |          |


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



           ____
       /:::::::::::::::: \       最大速度540km/h (高度4100m)
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  | ________
     \:::::::::   |r┬-|   ,/ .| |          |
    ノ::::::::::::  `ー'´    \ | |          |
  /::::::::::::::::::::             | |          |
 |::::::::::::::::: l              | |          |

機体そのものに問題はなかったものの、
要求値の600km/hを達成することはできなかった。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

..  / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ー)(ー)     一応、九七司偵以上の性能にはなったが……
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }  
   ヽ     ノ   
    i⌒\ ,__(‐- 、


                /  ̄ ̄ \
               /ノ  ヽ__   \
             /(―)  (― )   \   今、軍需審議会幹事会で審議中だけど、
             |.  (_人_)   u |   速度の点で問題になってますお
                  \   `⌒ ´    ,/
              /         ヽ
             ./ l   ,/  /   i
             (_)   (__ ノ     l
             /  /   ___ ,ノ
             !、___!、_____つ





【審議中】


        ∧,,∧ ∧,,∧
   ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧
  ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` )
   l U l (  ´・) (・`  )l と ノ
   .u-u (   l). (l   ) u-u'
        `u-u'   `u-u'

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





【審議継続中】


    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´`д´) (`Д´ ) ∧∧
( `・Д) U) ( つと ノ(ヘ・´ )
| U (  `・) (・´  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





【停滞中】

3時間経過…


    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´-ω-) (-ω-`) ∧∧
( ´-ω) U) ( つと ノ(ω-` )  zzz...
| U (  ´-) (-`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




【決定】


          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜   /
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)     キ46を正式採用する
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ 
    u-u (l    ) (    ノ u-u      \
         `u-u' `u-u'


         ____
       /::::::::::::::::::\
      /::::::─三三─\       マジで?!
    /:::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |     信じられないんだお!!
     \:::::::::   |r┬-|   ,/
       ̄ ̄ ̄`ー'´  ̄
       |l l l l |
                    
       ______     
    ノ::::::::::::          \ 
  /:::::::::::::::::::::           





    /\___/ヽ
   / ::''''''   ''''':::\
  . | (●),   、(●):|+     うむ、確かにキ46は要求された速度には達しなかった
  |     ,,ノ(、_, )ヽ、,,::|      
.   |    `-=ニ=- ' ::::| + 
   \    `ニニ´ ::/  + 
,,.....イ.ヽヽ、ニ_ ーーノ゙-、.   
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i 
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    /\___/ヽ
   / ::''''''   ''''':::\
  . | (●),   、(●):|+    しかし現在試作中である海軍A6(零戦の原型)、
  |     ,,ノ(、_, )ヽ、,,::|     陸軍キ43(隼の原型)、キ45(屠龍の原型)。
.   |    `-=ニ=- ' ::::| +    それら全ての機体と比較してもキ46は優速である。
   \    `ニニ´ ::/  + 
,,.....イ.ヽヽ、ニ_ ーーノ゙-、.     そして安定性や操縦性など、優れた素質を持った機体であることが
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i    実験で立証されたことが理由だ
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


    /\___/ヽ
   / ::''''''   ''''':::\
  . | (●),   、(●):|+     ただし条件がある。
  |     ,,ノ(、_, )ヽ、,,::|      引き続きキ46の性能向上に努めること、
.   |    `-=ニ=- ' ::::| +     どうだ、できるか?
   \    `ニニ´ ::/  + 
,,.....イ.ヽヽ、ニ_ ーーノ゙-、.   
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i 
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。       もちろんですお!
         /::::::⌒(__人__)⌒:::::\       がんばってキ46をもっと速い機体に
          |     |r┬-|     |   て   してみせますお!!
         \      `ー'´     /( `´) そ
        /            \ノ ノミ
        |\ \         \____ノ


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


昭和15年8月

キ46は百式司令部偵察機Ⅰ型として正式採用された。

しかし、キ46はまだ完全とはいえなかった。

速度向上の他に、もう一つ問題点を解決しなければならなかったのである。


それはまだキ46審査中の昭和15年6月のこと


                    |                              , ‐‐-、
                    ||                             /   |  l
           l   ,┬'T'l ̄| ̄ ̄ ̄ ̄``゙゙゙l''''l―-t 、___           ./     |  l
        ,,,,,---ll-,゛┴┴_,------ , □  L__|__|__|_>―――---/      .|   l
       〈、 _,,,lll|゛ ̄丁|,/       \         (;;;;)         ←===→|   l
        ` (,,___|   .|__|` ー―――――`)ー- 、       ____,,,,,, 二 --┴‐゛´
           lll|、  |__|___|........二-‐´―――― '''''''''' ゛゛
           ll ` ̄
             l



ヽ         `  _
 ,)_,.v''´⌒ヽ.      ̄ ‐- ...
        )
...   ..:...   ´ヽ.
:.:.:.:.:.:.:.:.:..    :..:⌒;                  __,、         ノ⌒ー'
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ              ,r ヽ'⌒  `^j      ヽ ..:.:.:.
   ̄ `ー ‐-‐一´             r'´       `ー'⌒ヽ    `ー 、:.
           , '⌒ー-‐、       ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ
           ヽ-―--‐-ヽ.っ  r_,つ  ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ- .__,.-
                              ̄   ̄ ̄  ̄ ` ̄ー-
高空を飛んでいた酒本少佐は、
燃料圧力が異常に低下し、エンジン回転がおかしくなるという現象にぶつかった。


それは、熱のために燃料パイプ中に気泡が発生して、
キャブレターに送られる燃料の流れを妨げる「ベーパーロック」の発生であった。


              _r'^''y
          r-'''~~ ・  ~~'ッ
          ノ   台北  r~、
        _,-~        l
       ,/          /     このことが問題となり、
      ,r'          ,ノ      熱帯である台湾でテストをすることになった。
     r´           r
    r´            }
  ..r'           リ
  .|              l
  .)  ◎嘉義     r'  久保技師を始め、工作部の土井技師、エンジンの曽我部技師、
  l           丿   陸軍からは酒本少佐、田中少佐、小田切大尉、
  .`l          ノ   航空審査部長の坂口少佐も同行し、嘉義に赴いた。
   [       _-'~  
    L       r'    
     ~`-,   ノ     
        {  l     
       { .ノ     

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                            \
                             \
          ┼┼ ヽ ,    ───────  ○  ───
            ノ   /             /    、
                  ┼┼ ヽ ,     /  / | γ⌒ヽ
            r´⌒ヽ.     ノ   /  /   /  |(   ⌒
   , ⌒ヽ    γ⌒  ⌒ヽ        /    / ,'⌒
  (    '   (      ⌒ヽ⌒ヽ、 /     γ'⌒
  ,ゝ    `ヽ(              )      (⌒
 (      γ⌒ヽ, '⌒         ヽ- 、 γ⌒


日中、最も暑いときに機体を日光に曝しておく

すると機体の表面温度は45度くらいになり、燃料タンク内の温度も上昇して
ベーパーロックをおこしやすい状態になる。


          , - 、 l   , - 、        
  ,,,,,___   ,-、_γ^ヽ_,-、  ___,,,,, 
  `゙゙''―------し__/し ´/_し------―''゙゙´ 
         ♭「l/ /   ♭ 
          ̄`b´ ̄


そうしてから高空に飛び上がり、対策の効果を確かめるのだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

試験が上手くいったときは翼を振って降りてくる

上手くいかないときはバンクなしという取り決めだったが

始めはほとんど翼を振ることはなく、久保技師たちをがっかりさせた。

          ____
        /ノ ヽ、_\
       (●) (● ) \
    /⌒(__人__)⌒   \
    |    )  )    u.   |
    \   `ー'´      /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ            ヽ /
   \_,,ノ|       、_ノ


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

降りてくると、パイロットと技師たちの間で議論が戦わせられる。

             ____________
          |     ==========.       |
          |;;;;;;;; _/|/ ̄\/ ̄ ̄  ;;;;;;;;|
          | ;;;;;;;; ∧,,∧. /  ∧,,∧ ;;;;;;;;; |
          |   (`・ω・)/   (・ω・´)   ; |
      ∧,,∧ . ̄ ̄(   つ ̄ ̄(     )  ∧,,∧
      ( `・ω) ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lll(ω・´ )
      |   つ、_          Σ ⊂   |
   ∧,,∧ゝ-/ / /           _ ─\ノ
  ( `・ω)/_   ̄           \ \  ∧,,∧
   |  つ/ /                    ̄ ⊂(ω-` )ヽ
   ゝ/   ̄= o                  ⊂二ノ )
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


自分の考えを強硬に主張し、一歩も譲ろうとしないのが久保技師という人物である。

             ∩_
             〈〈〈 ヽ
     ____.   〈⊃  }
   /      \    |   |
  / ヽ、   _ノ \  !   !
/   (●)  (●)   \|   l
|      (__人__)     .|  /
\    |i||||||i|     //
 / __` ー'       /
 (___)      /


軍人たちもカッとなって言い返すが、いつも結局は言い負かされてしまうのであった。

   ___,,,------------,,,_
 .,,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\l..
::::::::::::::::::/'''''''''''''''___'''''''-,,,___::/
::::::::::::::/  _-"::::::::ハ    ,,,,|::ハ
::::::/(<ヽ ",,-''''\_:::ヘ | / |/
:::::ヘ (  ‐-----゚- ヽ/。‐、
:::::::::ヽ_.  _   "" ,,-、ヽ<
::::::::/ |  ,-----,,,__ヽ-- ' |
ヘ::::| |  |-------,,,,"''--.|
 |/ |  |    ̄""ヽ ""'/
/  \ |       ヘ /|
     "''-,,,,二二二 //
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''7-、/\

   小田切春雄大尉

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

久保技師も進んで何度もテスト飛行に同乗した。

                ____
 ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:....      /     \
:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:....       /  ─     \
   .. .......:.:.:.:.:      ' (●)       \
.:. .:. .:. (⌒ 、 . .. ..    l、__)          |
.. (⌒     ⌒) .    ⌒´         /
  ⌒"       r'.    `l          \


そんなある日のこと


      ,r-=' " ̄ ̄~''-'ヽ、
    ,r'",,;;;;;;;;;; ,;;;; ;;, ;; ;;;,  i
   r' ,;;;;;;;  ,;;;;;;;;;  ;;   ;;;, `''ヽ
  i ,;;;; ,,;_,;;;;;;;;;;; ;,, ;;;, ;;;;; _ ;;   l    久保さん、現在高度八千メートルです
  i ,;;;;;;;;;; i ~`-..,___,,..-= ''"~l ;;, ,  i 
 .i ;;;;;;;;; .,i,-'"ヽ、    ,r'"ヽi ;;;;;,  l   
  y ;;;; ,'/,.-^ヽ, ヽ   / ,.'^ヽ`ヽ;;  i
  rゝ l ',r──ヽ、 i r' ,-── 、i /、
  i i` l ー─゜- ヾ ' "-゜─一  i rl
  ヽ,`.i                l_,./
   .''i '     r   ヽ      l
    ト、 _,,. -──一- ..,_   イ
    i ヽ、   .. ::: ..   ,/ .i
   _/~ =- ニ_- ..,__ .. - ',.-="ヘ
_,,.- '' i  ▽  7 :::..  ,/" ▽   i~ =- .,_



      ____
     /     \
   /        \     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  /           \
  |              |
  \              /


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :ハ
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  l
 |::::::::::| __"'''-,,,,_,,,.-'''"""|:::::::::: :|
 l:::::::/.,,'-、\    /'\ヘ:::::::; l    久保さん、何か言ってくださいよ
 >::::l ____\ ハ  / /二 ヽ::::/
 (<:| ---'--ヽ| | /'----- l/ヽ    ねえ久保さんってば!
-ヘ__|     " _  _ ""    l) /
  | |     ´‐--‐`    |ィ "'''---
--,| ヘ   ,--------、   /|--,,,,,,,,,
  ヘ  \ ヽ-------' / /
  ヘ   \__ "   /  /
   \ /-、 """",,\ /


       ____
     /ノ  ヽ_\
   /( ー)  (ー)\      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  /   (__人__)   \
  |     ー-u'     |
  \              /

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ,,,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::  ` 、
   /:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::  ヽ、
  l::::::::::::::::,, ,,- 、  l::::::::::::::::::::::  ',
  ゝ:.-、/ / /`_ \::::::::::::::::::: :',     いったいどうしt・・・
  l:::l''ヽ、l/_ノ' ̄ _ ・-  `l::::/ ヽ::::l
   `l>'・    ̄  ''   `- ))/::/
    〉7__,--,         __ノ::/     ハッ!?
    l `= _ --、     l ヽ;l
     ', l‐''  __ -'    /  l
     ', `''"__      /___,,,,--ヽ
     ヽ     _,,, " ´    ,, ゝ
       ヽ-- '''     ,,- ''"    \
         \  ,,, ''"


おかしいと思った小田切大尉が後席を見ると、
久保技師は完全にのびていたのであった。

         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ;         l⌒ '"⌒ ヽ、
       |          u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  (ー-))::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


    l::::::::::::::::__:::::::::::::::::::::::::\
    ゝ--'"/,,,,\ |:::::::::::::::::::\
   /_:| /.・""'‐ 、 \:::::::::::::::::::::|         こりゃ大変だ
   |_゚__ " ---,,_,||||||||ゝ::::,,--、:::|
   /|,,,--,,  u   __  |::/ く ll |::|         早く地上に降りなきゃ!
  /,,--------- 、  "u  /ノノ:/__
  \二""""""""ヘ u   l-""/ゝ""''-,,,,__
   ヽ:::::___/´ ̄ ̄ハ    ノ  / |---,,,__ "'''>,,___
    ハ/ /      |   /::  /  |-,,,___ "/   "''-、
    ,,|| |______,,,,,-/  / /  /    >       ヘ
   /  |__________/ / /  /    /        ヘ
   |   ヽ-------'" /    /    /          |



               /.:.:.         \
                  /:,:.:.:  /   ヽ    \     事情を調べてみると、
              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー   後席の酸素吸入器の具合が悪かった、
                /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ     とのことだった。
            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
              ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ
                    `ヘ:ゝ    .'    小/ 
                      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ
              /  | l:l   l     l   l::l l
               l  ヽハ    l    l  //  |
            ハ  ヾヽ  l   l  // l l


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


               /.:.:.         \
                  /:,:.:.:  /   ヽ    \
              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
                /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j     小田切大尉が気付かずにそのまま高空を飛んでいたら、
              ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ
                    `ヘ:ゝ    .'    小/        久保技師の生命も大事に至っていたのかもしれなかった。
                      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ
              /  | l:l   l     l   l::l l
               l  ヽハ    l    l  //  |
            ハ  ヾヽ  l   l  // l l


      __-------__
    /":::::::::::::::::::::::::::"' '-;_
   ,-"___:::::::::::::::__  ヘ
  /:::::| ,,...., "''''''''""..::::.. |:::::::;
  |:::::::/::;:::::::;;;:., l l ,,;;;:::::;;;::ヘ:::::;;
  |:::::/'';;;;;;:::::;''''' '''';;;;;;;;:::;;:; .|:::: |
  |::::|  """ ..;;;:::::;;;;; "" u |:: / 
  ソ |  u   "''''''"     |/ l    あー、いや・・・
  ||( |  ,-─     ─--、 |)) |
  \ |     """"     | /
    |\         /|
    |  `''───-'''"  |      そのことなんだがね・・・
  /ヘ          / /\


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
         _  '´             `ヽ
      , '´                    \
   _, イ´                      ヽ
  ´ ̄/   / ./                      ',
    / ′/.l  ′ .|      ヽ          |
   ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |
  .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |    どうかした?小田切さん・・・
  l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !
  |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'
     ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /
     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ /  
          |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/
         ', lヽ  .、        |  ./ '´/ ′
        Vl  \       _,..′ ./,.イ/
         ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ
            / ̄´    // ̄   ノー‐----、
           ノー--―r--  -'ア´        ト


      __-------__
    /":::::::::::::::::::::::::::"'' -;_
   ,-"___:::::::::::::::__  ヘ
  /:::::| ,,...., "''''''''""..::::.. |:::::::;
  |:::::::/::;:::::::;;;:., l l ,,;;;:::::;;;::ヘ:::::;;
  |:::::/'';;;;;;:::::;''''' '''';;;;;;;;:::;;:; .|:::: |      もういいかげん時効だと思うから
  |::::|  """ ..;;;:::::;;;;; "" u |:: /     本当のことを白状するんだが・・・
  ソ |  u   "''''''"     |/ l
  ||( |  ,-─     ─--、 |)) |
  \ |     """"     | /
    |\         /|
    |  `''───-'''"  |
  /ヘ          / /\


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       久保さんがあんまり頑固で、自説を主張して譲らんものだから、
       日頃から、腹に据えかねていてなぁ

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /


      ここはひとつ、とっちめてやろうかと思って
      前席にあった後席用の酸素コックを閉めちまったんだ俺・・・

          l::::::::::::::::::::;;;''''''''  |::::::::::::::::\
         /::::/"''''""  /"::\ |:::::::::::::::::::::l
         |:::::::\  /..-'" "''' \::::::::::::::::::|
        ゝ/__--ヽ|// ̄_。 ̄_''''' u\:::::::::::::|
       / /._-'''゚/::::  ̄:::::: ̄ ̄   |:::/=\|
     /ゝ-_/|  ヽ  ^ 、     _ヽ  >\ |
    // /⌒/|   __──'''''二--"  //ノ
   _∠- |丿|/ |、-"l l_---'''" ̄     \-/
../--、ヘヘノ/--ヘ ̄ :::::::::         丿. |
//--、ヽ//(''ヽ/ ヽ          __,,-"   |
   |ゝl::::::/ゝ/  'ヽ______,,=="--‐‐''''"" ヽ
   / |:::::://"    つ ,--l"        /""ゝ、


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

      ところがいざやってみたら、事の重大さに気付いてしまって
      慌てて降りてきたってわけだ

:::::::::::::::::::::::::::::l‐--____../
:::::::::::::::::::::::::::::| / \l
:::::::::::::::::::::::::::/. " \\
::::::::::::::::::::/||||| ̄ ̄ 。_l
:::://m\.|    ‐‐‐‐‐‐ "'ヽ
::::|l ( ヘ     |||| u    - ,l
:::::\__" u         l
:::::::/  l     )_ -- ´l
___/   |             |
---.....____ \  u     |
---,,,_  "-- 二-- ,,,,,,--"
   "''-,,,,   l 7 "/:::、

      いやいや大事にならなくてホッとしたよ





      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   lノ┬‐'┬ / /  / ´‐┬ ! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|  |::::::::! '´      l::::::::!  イ  } /
.        Vハ  l  ゝ:;;;ノ      ゝ:;;ノ ./}, '//
        ヽ ',  |              チ' /
         `ヘ lヽ              厶 ./
             ', {.代ト、          , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./  
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

様々な試行錯誤の末、
燃料パイピングの抵抗減少、燃料の冷却、
92オクタン燃料の使用など、次々に対策を実行、

結果、ベーパーロック現象は解決された。


          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"
         レ',`'';  i     , `'' / /
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶
     ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i ',
    イ i      /' \ヽ.:i_,,_|:ii .{     _ ,,r'''i ┐
.    ,' ヘ      、   ハヾ',|ソ,'/i ヽ ノ,ゝ;;=、ミヾ、 i;;|
    '' ̄',      ',   i ヾ`,〃 》 ,イ、  ̄`ヽミヽヽ,i;;|
       ',  \  ',  :i _,,∨,,,_∠、 ヽ   r- ' ヾ、;;;|
       ',    ヽ、', ,ゝr'     ヽ :} 」´,n`ヽメ'ト、>



百式司令部偵察機Ⅰ型は、
速度の点で軍の要求を満足させることはできなかったものの、
540km/hという最大速度は、当時としてはまれに見る高速であったため、
10月21日、大阪毎日新聞社・東京日日新聞社が制定した第一回「ニッポン号記念航空賞」を、零戦と共に受賞している。


第二話 終

第三話へ続く



  1. 2015/12/05(土) 18:54:41|
  2. AA劇場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/328-b24aacd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。