建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

戦艦武蔵2015


シブヤン海に沈んだ武蔵発見の報を知ったのは、仕事が終わっての帰り道、車の中でラジオを聞いていたときでした。

心臓がドキリと音を立てたような気がしましたね、そして直後に「戦艦武蔵のさいご」を思い出しました。
小学校の図書室であれを読んだときの衝撃は忘れられません。
だって小学二年生くらいですよ、「うおー、表紙の武蔵かっけえー!」とか言って読んでみたら
あまりの凄惨な描写に慄えてしまって、
「戦争なめてましたごめんなさい、戦艦がかっこいいなんて思ってごめんなさい!」ってなりましたからね

これからニュース番組やネット等で映像が見られるんだろうと思いながら車を走らせたわけですが、あまり心は踊りませんでした。

しかし、最初の映像も、その後の生中継動画もなぜかあまり見る気になれない・・・なぜだろう、大和海底探査のときは興奮してテンション上がりまくりだったのに。

とりあえずネットで静止画像だけでも見てみようか、とリンク先をクリックしてみる。

表示されたのはバラバラに散らばった武蔵の残骸の地図みたいな画像。
それを見た途端、突然心臓の動悸が激しくなって、マウスを持つ手が震えてきて急いでブラウザを閉じてしまいました。

これがあの凄惨な物語のエピローグなのかと思って、心底恐ろしくなったんです。
さすが「戦艦武蔵のさいご」は伊達じゃない、トラウマ製造本と呼ばれるだけのことはあるなぁ・・・。



自分が大和の海底映像を見ても平気なのは、たぶん2199年に宇宙戦艦として蘇るという物語が出来上がってるからなんだろうな、
現実の大和がたとえ真っ二つで海底に沈んでいるとしても・・・。



武蔵発見の影響なのか、最近武蔵のプラモが売れ出しているらしい、模型業界的には良いことなんだろう。
でも自分は当分の間、武蔵を作る気にはなれないな、指が震えそうで・・・。





  1. 2015/03/15(日) 23:39:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

わかります。

はじめまして、いつも楽しく拝見させて頂いてます。
先日、武蔵の海底調査の生中継を見ました。
私も海底スキャン画像を見た瞬間は、結構なショックを受けました。かなり広範囲に船体らしき残骸が散らばっているように見えましたね。
でも二時間以上に及ぶ中継画像を見た限りでは、大和に比べて随分と良い状態だと感じました。
なにより艦橋が原形を留めていて、それが確認できただけで嬉しくて泣きそうになりました。
また、海上の調査母船乗員の皆さんが武蔵への敬意をもって作業にあたっておられるのが感じられて、それも嬉しく思いました。
案外、この映像は鈴林様のトラウマを和らげてくれる物なのかも知れないですよ。
  1. 2015/03/20(金) 17:41:36 |
  2. URL |
  3. sanetomo #-
  4. [ 編集]

sanetomo様、初めまして
コメントいただき、ありがとうございます。

生中継ご覧になったのですね、私はまだ動画を見る勇気が持てないですが、
なるほど、あえて見てみることで気持ちに一区切り付けるということもありますね。

でも本当にショックでしたね、ある程度崩壊してるとは思っていたんですが、まさかあれ程と思ってなかったので・・・。
何となく武蔵そのものよりも調査隊の方々の様子が見たくなってきました。本当に良い人たちが見つけてくれたようで、今回それが一番嬉しい事かもしれません。

  1. 2015/03/21(土) 18:26:10 |
  2. URL |
  3. 鈴林勝平 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/317-d889b6d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ