建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

矢矧 船体の製作(1)

sen01.jpg

船体パーツは一番艦の阿賀野がベースになっているので、舷窓がたくさん開いています。
しかし矢矧の船体は戦訓対策として最初から舷窓を減らして作られているので、舷窓を埋める必要があります。


sen02.jpg

伸ばしランナーで一つ一つ埋めていきます。舷窓は二段ありますが下段の舷窓だけ埋めれば充分だと思います。
ヤスリがけする際、舷外電路と汚水捨管も削り落としました。
もったいない気がしますが、それらのモールドを避けてヤスるのが面倒だということと、舷外電路が一部分妙なところがあるので作り直したかったからです。


gen.jpg

ちょっとしたところではあるのですが、この部分です。
なんでこの部分だけ上に出っ張っているのかとっても謎です。



sen03a.jpg

さて、甲板に目を移すと艦首に一つ、艦尾に二つ、出っ張っている構造物が目を引きます。
どうやらこれは昇降口が開いている状態を表現しているようなのですが、それらしく見えないので削って閉状態にしたほうがいいような気がします。

sen04.jpg

こちらは艦首、いつもの通り錨鎖を削っておきます。
う~ん、ホースパイプの間のボラードの所にヒケがあるなあ…。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/01(木) 20:31:29|
  2. 矢矧 (最終時)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/3-6fca8355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

船体 ガイド

船体船体(せんたい)とは、船の中で、櫓・帆・エンジンなどの動力部分や、軍艦での銃砲などの装備を除いた、これだけあれば水に浮くことができる部分。船体には、木材など水に浮くものを使用することが多かったが、鋼板やガラス繊維製のものが増えてきた。これには、木材自
  1. 2007/03/04(日) 21:49:37 |
  2. フェリー&港 ガイド

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。