建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

震災の日

とりあえず電力が復旧したので生存報告です。

宮城在住ですので、震度7の直撃を受けました。



いや、震度5くらいなら全然驚かないんですよ、過去に宮城県沖地震も経験してますしね、数年前にも震度6とかあったので、揺れ始めた時には「ふっ、その程度の地震でこの宮城g・・・」
って思った途端に ドォーン って低い音が地の底から聞こえ、直後にこれまで経験したことのない激しい揺れ、しかも長い!

よろけましたよ地震で、生まれて初めて。
「なにぃ!?この俺が地震ごときで地にひざをつくなどと!」って、何だかとても悔しかったです。
周りを見るとビルが豆腐みたいに揺れてるし、何か破片やガラスが落ちてくるし、近くの生コン工場からは煙が立ち昇ってくるしで、ああ、こりゃ自宅崩れたなって、反射的に思いました。

やっと揺れが治まって、時々余震が起こる中、周囲に人が集まってラジオ聞いたり携帯でテレビ見たりしてるんですが、震度7だとか、6mの津波が接近してるとか、信じられない話が聞こえてくる。
何それって感じで、もう現実感がなくてぼーっとしてました。

少し経って冷静に考えてみたら、そういえば今日は女房が仕事休みだったことを思い出したんです。
もし家の中にいたとしたら・・・って考えて顔面からサーっと血の気が引きました。
災害時の電話なんて繋がるはずがないと解っていても、かけずにはいられませんでした。
でも信じられないことに一回でかかりました。さすがはau、脅威のメカニズム。

女房、無事でした。
一気に緊張が解けましたね、なんでも病院に行って駐車場に着いた途端に揺れだしたとのこと。
家も潰れてない、しかし中はゴチャゴチャだよと、でもそんなこと大したことじゃない、不謹慎と思いつつも笑いましたね、「まーなんとかなるさ」って。

作りかけの瑞鶴も無事でした。
ガラス戸付き本棚の中に入れてはおいたのですが、そのガラスが外れて落ちていたにもかかわらず、瑞鶴は落ちていませんでした。
思えば引越しの時、二回もの落下事故に会っているというのに、その度ごとに無傷という幸運ぶりを発揮し、今回もその幸運は健在、瑞鶴すげぇ。


さて、現在は電気が回復したとはいえ、ライフラインが完全じゃないので、少々不便な生活を強いられてます。
こういう生活は想像してたよりも意外とストレスがたまるもんで、自分でもちょっとヤバいと思うくらい気分が滅入ってきてました。
でももっと大変な思いをしている人たちも大勢いるわけですから、自分なんかが挫けてしまうようでは情けない。
なので、心にも栄養を補給しようと、久しぶりに「からくりサーカス」っていう漫画を読みました。
「うしおととら」も好きなんですけど、とりあえず手元にあるのがこれだけなので。

うん、やっぱり藤田和日郎先生の漫画は心に妙なパワーをくれるなぁ、持ってて良かった。




「何かあったら心で考えろ、
 今はどうするべきか…ってな

 そうして…
 笑うべきだとわかったときは
 
 泣くべきじゃないぜ」


  1. 2011/03/17(木) 21:22:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/297-1728ea1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。