建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瑞鶴 飛行甲板の製作(9)

再現しようかしまいか、迷っていたことの一つに、飛行甲板周辺の雨樋があります。
私の知る限り、1999年のMG誌に載った瑞鶴の作例で、大木清太郎氏が再現したのが初めてだったと思います。

実艦写真でもこのように確認できます。作業員が手を乗せていますねえ。
この雨樋、全体から見てどれくらいの大きさかと言いますと・・・。
zuikaku234a.jpg

写真をもう少し引いてみましょう。
zuikaku235a.jpg
            Σ( ゚Д゚) 細っ!

正直、こんなもの省略してもいいような気がしますが、最近は再現するのが流行りのようなので、私も作ろうと思います。

ライオンロア社から出ている雨樋エッチングを使用すれば、簡単に美しく再現できるとは思います。 しかし、使用された作例を見た感じでは、少々オーバースケールな感じがして、個人的に今ひとつ使う気になれません。
1/700というジャンルでオーバースケールがどうのと追求するのもバカバカしいとは思うのですが、いくらなんでも許容範囲というものがあります。
まぁ、その許容範囲というものにも個人差があるわけですから、雨樋エッチングの存在を否定するつもりはありません。

さて、自分としては「できる限り細かく」を目標に作ってみました。
細く切った0.2mmプラ板に、0.3mmプラ棒を等間隔で貼り付けて作ります。
zuikaku236.jpg

あとは適切な長さに切って、飛行甲板の周囲に貼り付けて行きます。
zuikaku237.jpg

出来上がりはこんな感じに、自分にはもうこれで限界です。
塗装でつぶれてしまわないことを、今は祈りましょう。
zuikaku238.jpg


この雨樋、基本的には日本の空母全てに付いていたはずですが、艦によっては溝にフタがかぶせられ、目立たなくなっているものもありますから、かえって取り付けないほうが良い場合もあります。こだわる人は実艦の写真で確認したほうが良いかと思われます。


  1. 2009/09/30(水) 02:30:53|
  2. 瑞鶴 (最終時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/291-c6e4c898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。