建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瑞鶴 艦載艇、作業員待機所、高角砲、機銃

ペースを落としつつ進行中

艦載艇はキットにほぼ準じています。
〇12m内火艇×3
〇12m内火ランチ×3
〇8m内火ランチ×1
zuikaku187.jpg
キット指定ではこの他に9mカッター×4、6m通船×1、13m運貨船×2を取り付けるよう指示がありますが、この時期の他の艦艇がそうであったように、瑞鶴も艦載艇を減らして単装機銃を増備していたようです。

--------------------------------------------------------
飛行甲板の周りに付いている作業員待機所。
これらは塗装後の取り付けになります。
台形の出っ張りは操艦用標識で、飛行甲板最前部に取り付ける待機所です。
zuikaku188.jpg


--------------------------------------------------------
シールド付き高角砲は、0.5mm真鍮パイプや適当なエッチングパーツでディティールアップ。
…と、ここで手持ちの真鍮パイプがなくなってしまったので、シールド無しの高角砲はまた後程。
zuikaku189.jpg



--------------------------------------------------------
そして少々細かい突っ込みになってしまいますが、
キット付属のシールド付き三連装機銃パーツに違和感を感じます。

シールド無しの機銃と並べてみると、砲身の間隔の違いが目立ってしまい、同じ三連装機銃が中に入っているようには、とても見えません。
zuikaku190.jpg

そこで、ピットロードの装備品セットⅠに入っているパーツ(画像右)を使用します。
全体的に大ぶりと言われるピットの装備品の中で、このパーツは小ぶりでなかなか良い感じ。
zuikaku191.jpg

同社の三連装機銃と並べてみてもちょうど良い大きさです。
zuikaku192.jpg


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/01/06(火) 23:43:10|
  2. 瑞鶴 (最終時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

高角砲が載ると、飛行甲板の蓋(?)との関係がよく解りいい感じですね!  格好いい~!!

小物が、揃ってくると あと、少しですね。
  1. 2009/01/07(水) 18:46:18 |
  2. URL |
  3. seaぶっく #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます。
もうこの辺まで来ると、かなり気分的に楽です。
そろそろ塗装の段取りを考えましょうかねえ…。
  1. 2009/01/07(水) 22:57:57 |
  2. URL |
  3. 鈴林勝平 #-
  4. [ 編集]

初めまして。Hayatakaと申します。

検索で貴サイトを発見、拝見いたしました。
ヴァンガード工場掲示板やNAVY YARD誌で発表しました、当方の考証内容を盛り込んで製作していただけているようで、ありがとうございます。自分の考証を模型に再現していただけるのは、大変光栄です。
また、高角砲パッカン蓋の稼動など、独自の工作もすばらしいですね。大変な意欲作と感心いたしております。

ちなみに、宣伝のようで申し訳ありませんが、3月発売のNY誌次号にて、空母瑞鶴最終時の考証を、ロートシルトさんと共同で発表いたします。新発見の内容も多数ありますので、御参照いただければ幸いです。

それでは、いろいろ大変でしょうが、瑞鶴製作の方がんばってください。完成を楽しみにしています。
  1. 2009/01/12(月) 18:24:31 |
  2. URL |
  3. Hayataka #s70oJ0ls
  4. [ 編集]

Hayataka様、初めまして。
以前からヴァンガード工場掲示板等で、艦艇研究を拝見させていただいていました。
まさか当ブログに書き込んでいただけるとは思いませんでしたので驚いてしまいました。ありがとうございます。
自分は独自に資料を分析するとか、考証を突き詰めたりといったことが苦手なものですから、研究家の方々の地道な作業には本当に助けられています。

次号のNY誌で、最終時瑞鶴の考証記事が載るというのは、正直かなり気になっています。
自分の瑞鶴製作はもう終盤に差し掛かっていますので、記事内容を盛り込むことが可能なのかという部分で、少々迷いが生じています。
次号発売まであと一ヶ月以上待つか、あるいはこのまま仕上げに突入するか、難しいところです。
まあ悩んでいたらキリがないのですけれど(笑)。

それでは、これからもHayataka様の艦艇研究を楽しみにしています。
BBSへの書き込みというのが、どうにも自分は苦手なので、おそらく今後もROM専になると思いますが、模型製作の参考に拝見させていただきます。
御身体に気をつけて頑張ってください。
  1. 2009/01/12(月) 22:22:41 |
  2. URL |
  3. 鈴林勝平 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/274-bfde3e27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。