建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アオシマ製の初春型

矢矧は現在塗装中です。しかし常に塗装作業できる環境がありませんので、空いた時間にちょっと息抜きに、アオシマの初春型駆逐艦「有明」を組み立ててみました。
(息抜きの時でもプラモデルを作ってしまうのが何とも…)
ar01.jpg

この有明は数年前に友人から頂いたもので、ずっとしまってあったものです。値段をみると250円、いつ頃買ったものなのか想像がつきますね。
この頃、WLシリーズの小艦艇は小学生の小遣いでも余裕で買えましたから、私も駆逐艦や潜水艦はけっこう集めてました。
ar02.jpg

そもそも評判の悪いキットですので真面目に作る気がありません、面倒な考証も無し、無塗装素組みでいこうと思います。
もっともパーティングラインの処理はするつもりです。

早速パーツを切り離します。ヒケとかバリ以前に、パーツのものすごい造型に圧倒されます。

主砲は12.7cm連装C型砲のつもりなのでしょうが、照準口が左右逆についています。
砲身パーツには何やら棒のようなものが付いていますが、どうやらこれは金型の突き出しピンが破損しているのに構わず成型したということなのでしょう、とてもアバウトでステキです。

魚雷発射管はもはや何型なのか判別不可能です。とりあえず三連装発射管だということだけはわかりました。
ar03.jpg

艦橋です。
窓がありません。
付属のシールで済ましてくださいということですね。
ar05.jpg


お気づきでしょうか?搭載艇が甲板に直置きです。キットにはボートダビットの部品がないんです。
これは乗員が手押しで水面に降ろすということなんでしょうか?
いや、それはまだしもどうやって甲板に引き揚げるのか?とっても謎です。
ar06.jpg

中央部、次発装填装置の形状はなかなかいい感じですね、この辺はタミヤの白露型に勝るところでしょう、しかし説明書通りに前部スキッドビームを取り付けると、前の煙突部分に付けることになってしまいます。
説明書を描いた人はどうやら、スキッドビームが何なのか知らなかったようです。
ar07.jpg

しかし、パーツの処理に少々手間がかかっても1~2時間程度、あっという間に出来上がってなかなか楽しかったです。たまには気分転換にこういう作り方もいいんじゃないでしょうか

これが全体形です。プロポーション自体は悪くないですね。装備品を総取り替えして各部を削りこんで整えれば案外悪くないかもしれません。
ar08.jpg


パーツの精度は悪いにしても、当時はこれが250円で買えたわけで、いい時代だったなあ…。

現在の価格はこれに装備品パーツがセットされて735円…、買いますかと聞かれたらちょっと悩みますね、小艦艇用パーツセットに初春型がオマケと考えればいいか…なんて言ったら失礼ですね、アオシマさんすみません。

このキット、装備品を取り替えたらどのように印象が変わるのでしょう?とっても気になりますので、いずれやってみたいと思います。


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/04/01(日) 15:22:43|
  2. キット素組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/27-b50312a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。