建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瑞鶴 舷外通路の製作

最初の方で一部削り落とした通路と、キットでは省略されている通路を取り付けていきます。

前部格納庫正面の通路はキットでは省略されていますので、年時設定を問わず追加したいところです。
zuikaku126.jpg

両舷の高角砲から錨甲板に渡るための通路は、キットでは途中で途切れています。
自分の場合は一旦削り落としてからプラ板で新造しました。
zuikaku127.jpg

左舷高角砲台座から短艇甲板へ渡る通路も省略されているので繋いでおきます。
zuikaku128.jpg

その通路の上方には予備艦橋があるのですが、キットでは省略されているので、プラブロックで追加しておきます。
zuikaku129.jpg

一通り通路の取り付けが終了したので、通路下部の補強材を取り付けます。
zuikaku130.jpg

zuikaku131.jpg

とにかく大量の三角片をプラ板で作り、ひたすら貼り続けます。実際に作ってみて翔鶴型は意外と舷外通路が多いのだと気付きました。



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/10/12(日) 23:19:12|
  2. 瑞鶴 (最終時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

人の通るところの、工作は楽しいですよね!
ホントに、こんなところを通ったのかなぁ?などと考えたりして

三角片の再現などを考えると、自分には航空母艦を作るのは無理ですねぇ・・・

赤城 加賀 瑞鶴と、凄いです。
  1. 2008/10/13(月) 19:22:57 |
  2. URL |
  3. seaぶっく #-
  4. [ 編集]

どの艦種でもそうなんですけど、通路やラッタルを一通り歩き周る自分を想像するのはなかなか楽しいですよね。

>三角片の再現などを考えると、自分には航空母艦を作るのは無理ですねぇ・・・
そんな、無理とは言わずに何か作ってみてはいかがでしょうか
確かに単調な作業の連続で辛いかもしれないですが、そのうちそれが快感に変わるかもしれませんよ?(笑)

  1. 2008/10/13(月) 20:49:11 |
  2. URL |
  3. 鈴林勝平 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/257-33d1fca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。