建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瑞鶴 飛行甲板の製作(5)

前回説明した跳ね上げ式構造ですが、可動式で製作しようと思います。
最初の考えでは、みらいのVLSで行ったように差し替え選択式にするつもりでしたが、
2~4枚程度ならまだしも、八枚差し替えでは取り付け場所がわからなくなったり、パーツ紛失の可能性も大きいと思ったからです。

飛行甲板を切り抜きます。図面があるわけでもないので、写真を参考にだいたいの大きさと形状にします。
zuikaku103.jpg

0.2mm真鍮線に真鍮板を巻きつけて蝶番を製作。
その他プラ材などでも色々と試作してみましたが、強度的な問題もあり、最終的にこの仕様ということにしました。
zuikaku104.jpg

とりあえず後部の四ヶ所は組み付け完了。
塗装すればもう少し目立たなくなるとは思うのですが…。
zuikaku105.jpg

開状態はこんな感じです。
zuikaku106.jpg

前部の四ヶ所は、これから工作します。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/09/20(土) 20:42:24|
  2. 瑞鶴 (最終時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

瑞鶴の飛行甲板も細かい部分まで作られるのに関心します。
私も瑞鶴の1/700持ってますが普通に作ってアンテナ線を張ってる程度です。
遅れましたが、太めの月光完成です。
  1. 2008/09/26(金) 01:24:04 |
  2. URL |
  3. ねっちー #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます。
でもさすがに跳ね上げ式構造の可動化はてこずりました。とっても無謀だったような気がします。
  1. 2008/09/26(金) 12:58:38 |
  2. URL |
  3. 鈴林勝平 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/253-8802d644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。