建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瑞鶴 飛行甲板の製作(1)

船体の工作を一先ずお休みして、飛行甲板の工作に入ります。

発売されてから年月が経ち、その間に考証が進んだこともあって、細かい部分の形状に物足りなさを感じる部分もあります。
しかし極端に形状が違うわけでもなく表面のモールドも繊細なので、あまりこだわらないのであれば、キットのままでも充分に感じの良い飛行甲板なのではないでしょうか。
できるだけ正確に近い飛行甲板を目指す人は、ネイビーヤード誌Vol.8や、模型サイト「ヴァンガード工場」様を参考にされるとよろしいかと思います。ヴァンガード工場様のBBSでは現在でも熱心に研究や議論、検証をされている方がいらっしゃいますので、今後も突然新発見が発表される可能性もあります。


それでは、ネイビーヤード誌に掲載されている飛行甲板図面を、キットと同じサイズに拡大コピーして照らし合わせてみます。
パッと見、エレベーターの形状やサイズが微妙に違うことがわかります。エレベーターの左側の飛行甲板は若干幅が足りないのと、右舷高角砲の部分も微妙に形状が違います。
zuikaku052.jpg

中部、二番エレベーターも少々大きさが違うようです。
二番エレベーター脇に探照灯の蓋がありますが、最終時の場合は電探に換装されているので、蓋の形状を変えるか電探を装備します。
zuikaku053.jpg

後部、飛行甲板両脇の鉄甲板の幅が左右非対称になっているのと、紅白ストライプの長さが違う点がポイント。
zuikaku054.jpg

後端の縞鋼板は長さを切り詰めるためにケガいておきます。
自分の場合は全面的に貼り変えるので、全て削り落とします。
zuikaku055.jpg

幅の足りない部分をプラ板で延長し、エレベーターや滑走静止索をパテ埋めした後ヤスリがけ。
モールドが完全に消えるまでやります。
zuikaku056.jpg

以上、目立つ所を紹介しましたが、上記で紹介した以外にも、微妙に形状の違う部分もあるのですが、微妙すぎてどう説明したら良いのかわかりません。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/08/19(火) 23:23:29|
  2. 瑞鶴 (最終時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

楽しみながら間違い探しをしているようですねぇv-28

どんなアイディアで形状を修正していくのか楽しみにしています。


  1. 2008/08/20(水) 21:48:28 |
  2. URL |
  3. seaぶっく #-
  4. [ 編集]

いいえ~、修正点に関しては、ほとんど雑誌などからの受け売りなんですよ(笑)、工作の手順も今まで通りです。
ただ、やろうかやるまいか迷っていることが一つありまして、それで少々悩んでいるところです。
  1. 2008/08/20(水) 23:39:03 |
  2. URL |
  3. 鈴林勝平 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/243-6ef2774e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。