建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瑞鶴 船体の製作(1)

まずは艦首のアンカーリセス、翔鶴型改修点の基本です。
zuikaku009.jpg

実艦はアンカーリセスではなく、ホースパイプになっているので、最初のうちに埋めてしまいます。
zuikaku010.jpg

機銃台支柱は、WL空母ではスタンダードな表現で、三角板になっています。
zuikaku011.jpg
zuikaku012.jpg

これはプラ棒に変えてしまうので、遠慮なく切り離します。
zuikaku013.jpg
zuikaku014.jpg

船体には舷外通路がいくつか成形されています。形状も薄さもちょうど良く、このまま使いたいところです。
作り直すか、このままいくか、…ちょっと迷っています。
zuikaku015.jpg

キットパーツの艦尾甲板です。
縞鋼板も繊細にモールドされ、艦載艇用の架台も再現されていて、とても良い感じです。
zuikaku016.jpg

自分の場合は自作の縞鋼板にするため、パーツは使わずに1.7mmプラ板を貼り付けます。
何故わざわざ縞鋼板を貼り付けるのかは、後日説明します。
zuikaku017.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/24(木) 18:51:02|
  2. 瑞鶴 (最終時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

むう、切り取った部分や置き換えようとしてる部分の意味がやっと最近わかってきました。

今回鈴林さんが切り取ってしまった機銃の支柱なんかは、はじめたばかりではまったく意味がわからなかったです。
「わざわざあるのにどーして切る!?」
でした。
今はなんとなくですがわかるようになってきました。
その部分の完成型も想像できるようになってきました。

それもこれも、鈴林さんはじめ、多くの方の改良制作をサルマネしようとしたのが今につながってると思います。
鈴林さんらベテランの方が制作しているブログと、毎回戴けるアドバイスやコメントの恩恵でかいなーと、今更ながら感じてます。

自分は今暑さでバテバテで制作ペースガタ落ちしてます。
おまけに家族全員夏カゼくらってまして、自分もいつかかるか不安・・・。

お互い体調には十分気をつけたいところですよね。

自分はまずは長門完成が先ですが、次は航空母艦の予定です。
そのときはまた穴が開くほど拝見させていただきますね!
  1. 2008/07/25(金) 08:00:41 |
  2. URL |
  3. 赤目 #-
  4. [ 編集]

う~ん?
つい最近まで模型雑誌すらある事を知らずに、只、プラモを説明図通りに作る事しか知らなかったアタシ(笑

PC使い出してから模型雑誌を読みあちこちのHPを覗いてるくらいですから「アンカーリセス」???みたいな状態ですが、画像と同時に見ていくと凄く分かり易いです!
  1. 2008/07/25(金) 23:48:23 |
  2. URL |
  3. おにへい #-
  4. [ 編集]

>赤目様
いえ、私は大したアドバイスなどしていないので、恐縮ですよう。
赤目様のところには親切な人たちが多数集まっていますので、本当に幸運なことですよね。

それに何よりも、マメに手を動かされていることが大きいと思います。
知識だけあっても実践しなければ身に付きませんし、「失敗」という名の最高の教師に出会えませんから(笑)
  1. 2008/07/26(土) 02:09:13 |
  2. URL |
  3. 鈴林勝平 #-
  4. [ 編集]

おにへい様、こんにちは。
>只、プラモを説明図通りに作る事しか知らなかったアタシ(笑
いやあ、普通はそれで良いのだと思いますよ。
そもそも「万人が手軽に模型作りを楽しめる」というのがプラモデル本来のコンセプトですから。
私のやっていることは単なる酔狂なのです(笑)
  1. 2008/07/26(土) 02:11:13 |
  2. URL |
  3. 鈴林勝平 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/233-086171fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。