建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

九七大艇 エンジンカウルと主翼斜支柱

エンジンカウルのパーツは、抜きの都合上モールドがはっきりしていませんので、深く彫ります。そして、上部の排気管が省略されているので、後で真鍮パイプで追加しようと思います。
ニニ型を作る場合は、カウル上部の気化器空気取り入れ口を削って、小さくします。
97035.jpg

カウル下部の潤滑油冷却空気取り入れ口は開口されていません。
97036.jpg

浅く掘って潤滑油冷却空気取り入れ口を再現。
本当はもっと深く掘るべきですが、とりあえず雰囲気が出ればいいなという感じに留めました。
97037.jpg

さて、主翼の支柱を組んでみたのですが、今一つしっかりと組みあがりませんでした。
これはキットに問題があるのか、自分の組み方に問題があるのかわかりません。
97038.jpg

細い支柱断面の真円が出てなかったので、0.4mm真鍮線に交換しました。
そして長さの足りない部分はエポパテで延長します。
97039.jpg

艇体尾部には曳航用と控網用の金具を追加。
97040.jpg


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/01(火) 22:42:36|
  2. 九七式大型飛行艇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/225-a2cbc3ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。