建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

九七大艇 キャノピーの修正

二三型のコックピット上部には、赤丸で囲ったようにドーム状のキャノピーがあります。
キットではこの部分が別パーツとなっていて、ニニ型を作る際には取り付けなければOKです。
97014.jpg

で、これがそのキャノピーのパーツ。
97015.jpg


Σ( ̄ロ ̄lll) 微妙ってレベルじゃねえぞ!!
97016.jpg

これはそのまま使う気になれないので、どうしようかと思案…。
透明プラ板でヒートプレスというのも考えましたが、パーツの大きさを考えるとあまり理想的な方法とはいえません。

ふと、透明パーツのランナーを見たら、断面が半円形状であることに気付きました。
これを使えばいいのです。
97017.jpg

削った後、コンパウンドで磨きました。
太さもピッタリで、これなら納得の形状。
97018.jpg


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/06/21(土) 19:57:00|
  2. 九七式大型飛行艇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

コンパウンドって、どんなものを使うといいのでしょう?
この技術って、1/700の艦載機キャノピーにも流用できないでしょうか?
小さすぎます?
いっつもタミヤの透明プラ棒を見ながら(買ってませんが)
「これキャノピーにならんかなぁ」
と妄想してました。
  1. 2008/06/22(日) 08:17:39 |
  2. URL |
  3. 赤目 #-
  4. [ 編集]

1/700艦載機にも応用できないことはないとおもいます。とりあえず試してみてはいかがでしょう。
まあ試すだけのためにプラ棒買うのはもったいないでしょうから、透明伸ばしランナーを太めに作って試してみてはどうかと…。

コンパウンドは普通にタミヤコンパウンドでいいと思います。
  1. 2008/06/22(日) 17:34:28 |
  2. URL |
  3. 鈴林勝平 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/221-34131799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。