建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

九七式大型飛行艇 二三型

久しぶりに飛行機を作ります。これも長いこと部屋に積んでいました。
ネットで検索をかけて、色々なサイト様の作例を見てみましたが、なかなか出来は良さげな感じです。
97001.jpg

販売はモノクロームという会社ですが、キット開発自体は中国のトランペッターです。
そのせいか離型材が少々多めな感じなので、製作前には洗剤で洗った方が良いかと思われます。

パーツ割りを見てみると、各バリエーションに対応するため、裏側から窓穴を開けるようになっていたり、形状違いのエンジンカウルや尾翼のためのスペースがランナーにあります。
モノクロームからは、この二三型と旅客輸送型の二種類しか発売されていませんが、二三型のキットには旅客輸送型や二二型用のデカールも付属しているので、
資料さえあれば、一部のパーツを加工することで、ニニ型を作ることも容易だと思います。(一一型を作るのは、ちょっと辛そうです)
一つ惜しいのが、飛行艇を陸に上げて運搬するための台車のパーツが無い事で、これは自作するしかありません。


今回参考にする資料はこちら。
1999年発行とあるので、もう絶版かもしれません。
97002.jpg

九七大艇と二式大艇に関して、詳しい機体構造の解説や図面が収録されています。
九七大艇については、実機二二型の取り扱い説明書を元に解説されているので、二三型の詳細は不明ですが、機体構造はほとんど同じと記載されています。


飛行艇という機種はとても魅力的だと思います。
自分の飛行艇原体験は幼稚園の頃、TVドラマ「日本沈没」のOPで、飛行艇おおくにが着水するシーンでした。
この世にはこんなスーパーメカがあるんだなあと、心ときめかせたものです。
そういえば昔、「おおくに」のプラモってあったよなと、急に気になって検索してみました。



見つけました。「おおくに」です。


97003.jpg

 ('A`) ……… 。

   …… こんなんだったっけ?



(2009/09/30 追記)

自分の記憶では、おおくにの色はこのようなガンダムっぽい色ではなく、グレー系の渋い塗装だと思っていたのです。
なぜそんな勘違いをしていたのか、しばらくの間謎でしたが、よくよく考えてみたら日本沈没を見ていたときの我が家のTVは白黒TVでしたわ・・・。
  1. 2008/06/17(火) 22:16:05|
  2. 九七式大型飛行艇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

空モノもいいですね。
自分も一度くらい作ってみたいと思っています。
無難に、21型あたりいきたいなぁ。
  1. 2008/06/19(木) 10:26:12 |
  2. URL |
  3. 赤目 #-
  4. [ 編集]

零戦21型ですか、一番カッコ良い零戦ですね。
ちょっとひねって、零戦の水上機型である二式水上戦闘機なんかもいかがでしょう?
ベースは11型ですから、見た目はほとんどフロート付き21型と言った感じです。

たまには空モノもいいですよ、自分の場合、空モノの技法を艦船に応用している部分もいくつかあります。
  1. 2008/06/19(木) 21:10:22 |
  2. URL |
  3. 鈴林勝平 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/218-aa464901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。