建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

加賀 完成

御無沙汰していました。加賀完成です。
(クリックすると大きな画像が表示されます。)
kaga240s.jpg

張り線は詳細が不明なので、水野行雄氏のイラストを参考に、簡略化して張っています。

今回もマストには信号旗を掲げました。
吹流し全掲で「発艦準備よし」
黒球・1・5 で「飛行甲板上の合成風速15メートル」の意味になります。

kaga241.jpg

参考にした記述が着艦に関するものだったのですが、瑞鶴の発艦場面と言われている写真にも同様の旗流信号が揚がっていることから、発着艦共通の信号と思われます。


今回も出来る限り資料に基づき、改修をしてみたわけですが、実はこれでも完璧な加賀とは言えません。
そもそもキットの船体自体の形状が微妙に違うため、図面とキットとの整合性を考えて、部分的に寸法を変えざるをえなかった個所がいくつかあります。
それ以外にも、飛行甲板のモールドや塗装など、資料によって解釈が違うため、どのようにまとめるかという問題もありましたし、飛行甲板前部支柱六本説は信憑性がどの程度のものなのか不明なので採用しませんでした。
そのようなこともあって、この加賀は決定版というわけではなく、結局のところ幾つかある解釈のうちの一つでしかありません。

加賀のキットは赤城のキットよりも出来が良い。
以前からそういう噂を聞いていて、そしてそれを信じていたため、製作記の始めで私もそう書きました。
しかし実際に製作してみて、その考えは改めるべきと思いました。赤城の方がまだ良いキットだと思います。
この製作記を一通りご覧になられたなら、各部の形状の違いや省略された個所の、かなりの多さがわかっていただけると思います。

ただし、キットが発売された頃の事情を知ってしまうと、あまりハセガワを責めるわけにもいかないよなあ… という気分になります。
キット開発時には、発表されていた加賀の実艦写真は現在よりも少なく、細部はほとんど謎だらけでした。(公式図面にいたっては現在に至るも未発表、あるいは未発見)
ハセガワの担当者は不鮮明な写真だけを頼りに、細部を脳内補完しながらキットを開発するしかなかったのです。
(しかし発売直前になって加賀の鮮明な写真が発表されるという事態があり、その時ハセガワの中の人は、どういう心境だったのかと気になります。)
そして、もし加賀の複雑な構造を完全に再現しようとするならばパーツ数は増加し、価格が上がることは避けられなかったでしょう、シリーズとしてのまとまりを考慮した場合、構造を省略することで他の空母キットと価格を統一するのは、あの頃の時代を考えると、やはり妥当な判断だと思います。

確かに遠目で見ると加賀の特徴は良く捉えてあり、全体のモールドもメリハリがあってシャープなため、詳細な資料と比べて見なければ、ストレート組みでも好印象な完成品になります。
そういう意味では確かに良いキットと言えるのかもしれません。

しかし苦労の末完成させた加賀、なかなかカッコ良い空母です。
流麗な赤城のデザインに比べ、ゴツゴツしていて不恰好な艦というイメージしか無くて、製作前は特に好きでもなかったのですが、すっかり考えが変わってしまいました。今では赤城よりもお気に入りの艦です。
もっとも、一番好きな空母は龍驤なんですけどね。

  1. 2008/06/15(日) 20:03:15|
  2. 加賀 (真珠湾攻撃時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

竣工おめでとうございます!
走波線がかっこいいですね、力強さを感じます。

十六条旗も吹流しもほんとに風がふいているように錯覚します、あいかわらずすばらしい出来栄えですね!
苦労して細かく、時には大きく修正したり追加作業をした集大成、やはり素組ではない生き生きしたものを感じます。
人の完成をみると、自分もがんばろうという気になれます、これからもいい作品を作り続けてください♪
  1. 2008/06/15(日) 20:55:50 |
  2. URL |
  3. 赤目 #-
  4. [ 編集]

うはぁ! ほ、誉めすぎです。顔が赤くなってしまいますよう。

でも、とっても嬉しいです。ありがとうございます。
  1. 2008/06/15(日) 21:07:26 |
  2. URL |
  3. 鈴林勝平 #-
  4. [ 編集]

遅くなりましたが完成おめでとうございます!

船舶に詳しくない私にはもうすごいの一言しかでません
写真ではほとんど見えないところもにも細かい細工がしてあるのが各記事を通してわかりますし、
旗の流れといい、波のリアルさといい演出面でも素晴らしいです
またこれからもぜひ「イイモノ」をみせてください!
  1. 2008/06/18(水) 01:11:34 |
  2. URL |
  3. キュウサク #p8WzmroM
  4. [ 編集]

キュウサク様、御無沙汰していました。
お褒めのお言葉、ありがとうございます。

キュウサク様のようなレベルの高いモデラーに誉めていただけると、もう嬉しさも倍増です。
少々疲れていたのですが、コメントいただけてテンション上がってきました(笑)
  1. 2008/06/18(水) 21:27:37 |
  2. URL |
  3. 鈴林勝平 #-
  4. [ 編集]

船は大変ですね

はじめまして。
1/72の海軍機モデラーのはたぼーともうします。
(数年前に出戻りました。)

たまには息抜きを、と思い「最上」を作り始めたのですが
(やはり飛行機の載っている船がいいのです)、どうにも勝手がわからず、あちこち探し回ってここにたどりつきました。

最上の参考になっただけではなく、あらためてプラモデルの可能性の素晴らしさにうれしくなりました。

思えばWLシリーズの発売された頃、おこづかいをためては空母を「そのまま」作っていたのが懐かしく思い出されます。
けっこう海のベースには工夫しましたが(綿を波に見立てたりして)、アオシマのキットのひどさくらいしか覚えていません。

もっとも「息抜き」のつもりが、けっこう真剣になってしまって「船」にはまりそうな自分がいたりします。

でも、最近細かいものが・・・という感じで、飛行機製作よりももっとストレスがたまりそうですよね。どうなんでしょうか?

さて、この加賀もすばらしいですね。私はどうも「手すり」の部分にどきどきしてしまいます。(手すりフェチ?)

最上は、今回は練習がてらストレートに作っておいて、次回あらためて気合いを入れてみようと決心しました。(もっともこういう決心って、弱いものなんですよね。つくりかけの機体がいくつあることやら・・・)

そこでお願い、というか質問なのですが、(1/700で)

①カタパルトや手すり、それから艦橋の窓枠等のエッチングパーツはどこの製品がいいのでしょうか? 飛行機の方ではふだんはやはりFM社なんですが。

②「飛龍」はたしか数年前にアオシマでリニューアルされたようですが、できはどんなものかと。あるいはオススメがありましたら教えていただけますでしょうか?

以上、ぶしつけで申し訳ありません。大変でしたらスルーしていただいてもかまいませんので。
それでは。
  1. 2008/07/07(月) 10:44:24 |
  2. URL |
  3. はたぼー #-
  4. [ 編集]

はたぼー様、初めまして。
当ブログを御覧いただき、ありがとうございます。
過去記事を参考にしていただけて恐縮です。

>思えばWLシリーズの発売された頃、おこづかいをためては空母を「そのまま」作っていたのが懐かしく思い出されます。
昔は、今とは別の意味で楽しかったですね、あの頃は自分も友人も無塗装素組みがあたりまえで、WLシリーズはおもちゃ代わりで、よく海戦ごっこをして遊びました。

>でも、最近細かいものが・・・という感じで、飛行機製作よりももっとストレスがたまりそうですよね。どうなんでしょうか?
私自身はこのジャンルが性に合っていますので、特にストレスは感じません。むしろ塗装が苦手なので、逆に塗装が重要な飛行機プラモで少々ストレスを感じます。
やっぱり向き不向きというものがあるのだと思います。

>つくりかけの機体がいくつあることやら・・・
実は私も作りかけで10年ほったらかしにしている1/72二式大艇が…(笑)


御質問の件ですが、①、②、どちらも好みや相性の問題がありますので、いちがいに「これ」とは言えないです。
ですから、あくまで私の好みと、知っている範囲内で…ということを考慮した上で参考にしていただければと思います。

カタパルトのエッチングはハセガワ製のものが一番組み立てやすいと思いますので、自分も愛用しています。
以前使用したFM社のものは、形状はとても良いものでしたが、組み立てに非常に苦労しました。

手すりは、ゴールドメダル社の「PE25 日本海軍 精密手すりセット」を現在愛用しています。鎖のたわみが再現されているなど非常に精密ですが、とても細いので完成後にあまり存在感がないこと、材質が真鍮製なので非常に柔らかく、扱いやすさの点で好みが分かれるところだと思います。
自分は真鍮製のほうが加工しやすくて好みです。
以前製作した最上では、ゴールドメダル社の日本海軍巡洋艦用エッチングにセットされている手すりを使用していますので、精密手すりよりも少々太くて存在感があります。材質は洋白製なので、個人的に扱いづらいと感じました。
トムスモデルの手すりはGM社と比較して太いものが多いようで、モノによっては鉄格子のようですが、存在感のある手すりがお好みであれば、あえてこちらを使うのも良いかと思います。
他社の手すりに関しては使用したことがないのでわかりません。

艦橋の窓枠に関しては、私が今まで専用の窓枠エッチングを使用したのは「那智」しかなく、それ以外は適当なエッチングメッシュを切り出して使用したものばかりです。
なので、どこの製品が良いのか、個人的にはわかりませんが、JOEワールドの窓枠エッチングを使っている人が多いようです。

②のアオシマ飛龍に関しては、私は未だに購入していませんが、ネット上での情報を見る限りでは、非常に評判が良いようです。「WL空母の中では飛龍と信濃くらいしかお勧めできない」という極端な意見もあるほどなので、安心して良いのではないでしょうか。
高角砲台座の高さがおかしいという噂もあるようですが、詳細はわかりません。

その他オススメのキットがあるかということですが、どのような条件で製作されるのか、好みの艦種は何なのかで変わってくると思いますので、ちょっとどうお答えして良いのかわかりません。
はたぼー様の一番好きな艦が一番オススメのキットです。 …っていうのはだめでしょうか?(笑)
個人的な好みでは、タミヤの「輸送艦おおすみ」が一押しです。
  1. 2008/07/07(月) 19:01:04 |
  2. URL |
  3. 鈴林勝平 #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

おはようございます。

さきほどまで、艦橋その他を塗装していました。いつも飛行機はブラシが主なのですが、「最上は気楽に行こう!」と決めているので筆塗りにしました。でも、かえってストレスが・・・。

艦橋、上のふた?だけは窓の仕上げの関係で未接着なのですが、それ以外は組んでしまったために奥が塗れない・・・。
しょうがないから、グリグリ攻撃してきました。でも、アクリルなのでやりずらいですね。(だまができたり、たまったり。結局よけいな手間ばかり。ハァ。)

やっぱりラッカーの方がいいんでしょうか?ブラシカップ洗浄のことを考えてふだんはアクリルなのですが。


さて、ご丁寧にいろいろとありがとうございました。
大和vsジェットモグラなんて海戦?もやったよーな。

手すりは、ゴールドメダル社の「PE25 日本海軍 精密手すりセット」・・・にしてみようかな、と思います。現物を見て判断するにしても、やはり「たわみ」はポイントかな、と。

カタパルトはできればH社とFM社の両方にチャレンジしてみようかな。

余談ですが、いつか72で、最上の後部甲板だけ!を再現してみたく思っています。

また、窓枠はそれほどスキルもないのでJW社のものを検討します。

飛龍、そのうち買います。(・・・「作る」とは言わない・・・フフフ)

ちなみに、一番好きなのは「最上です。」
(実は、子供の頃は最上から「零戦が飛びたつんだぁ」と思っていました。零観とかは今でも好きではないです。瑞雲とか、二式水戦とかにしちゃおっかな、なんて。けっこうまじめに計画中。)

今回のご教示は大変参考になりました。あらためて親切なコメントに感謝いたします。

それでは、また。
  1. 2008/07/08(火) 09:53:22 |
  2. URL |
  3. はたぼー #-
  4. [ 編集]

>大和vsジェットモグラなんて海戦?もやったよーな。
素晴らしい、しかし我が軍も負けてはいませんよ、陸攻としてゴッドフェニックスを採用していました。

>余談ですが、いつか72で、最上の後部甲板だけ!を再現してみたく思っています。
それ、とても面白いです。
1/72とはいえだいぶ巨大なものになりそうな気がしますが、色々な水上機を展示するベースとして使えそうですね。

しかし二式水戦満載の最上とか想像するだけでテンション上がって来そうです。WLの駆逐艦を多数買っていると二式水戦、強風、晴嵐などのパーツが余りますから、そういうことに使うのもいいかもしれませんねえ。

それから書き忘れていましたが、もし最上に使うエッチングを探していたのでしたら、ピットロードから最上専用エッチングが出ていますので、それを使うのが一番よろしいかと思います。窓枠、カタパルト、クレーン、水上機運搬台車、その他諸々必要なものは全てセットされています。
  1. 2008/07/09(水) 04:40:44 |
  2. URL |
  3. 鈴林勝平 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/214-1004841e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。