建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

加賀 細かいところを色々と(2)

キットには高射装置のパーツが右舷側の一個しか用意されていません。
実際には左舷にもあるので、プラ板を削って製作。
kaga189.jpg

左舷側の高射装置は、右舷側と同じように機銃用円形スポンソンのすぐ後ろに設置されます。
そしてキットでは省略されている発動機試験用作業台を取り付けました。
作業台支柱は専用品がないので、戦艦用エッチングからちょうど良い大きさのものを持って来ました。
kaga190.jpg

こちらは後部の作業台です。上記の前部作業台の支柱とはレイアウトが異なります。
kaga191.jpg

右舷側の高射装置はこの位置になります。少々位置がずれていますので、この後調整します。
機銃用円形スポンソンの位置ときっちり揃えたいところです。
kaga192.jpg

煙突の後ろには蒸気捨管がにょっきりと生えているので、先端を曲げた真鍮線を取り付けました。
kaga193.jpg

艦尾に副錨を取り付けました。最後部の飛行甲板支柱基部が少々大きすぎたように思えたので、削って小さくしました。
kaga194.jpg

舷灯はこの位置に設置しました。
深雪会の図面では舷灯の位置が示されていません。正確なことがわからないので描かれていないのだと思います。
加賀を描いたイラストではほとんどがこの位置に描かれているので、それに倣いました。
実艦の写真を見ると、確かにこの位置に舷灯らしき影は見えます。でも本当に舷灯であったかどうかは確信が持てません。
kaga195.jpg


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/04/28(月) 11:36:31|
  2. 加賀 (真珠湾攻撃時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

げっ!
高射装置、自作パーツのほうがキットパーツよりすごい!!

それにしても絵ッチングパーツは実はきまったところでなく、いろんな使い道、使い方がありますねー。
これはこれ、あれはあれ、と固まった思考だとお金かかるし作りたいものも作れないみたい・・・。
これはこれ専用だけど、ちょっと追加したりきったりすると別なとこにも使えそうかなぁ、なんて考えることが自分には必要みたいです。
この後控えてるキットは矢矧に飛龍、長門ですが、飛龍と長門については再現の難しい専用絵ッチングパーツ以外ありあわせの材料と汎用品でがんばってみようと思います!
  1. 2008/04/29(火) 15:01:10 |
  2. URL |
  3. 赤目 #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます。実は高射装置は三つほど作り直してます(笑)。そうそう上手くはいきません。

物にもよりますが、専用パーツでも使い物にならないものもありますので、どこに何を使うかはケースバイケースでしょうね…。
結局は自分で納得できるのなら何でも良いという結論になるとは思います。
  1. 2008/04/30(水) 09:40:26 |
  2. URL |
  3. 鈴林勝平 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/204-f6204b1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。