建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

矢矧の資料

今回製作するための私の手持ちの資料です。
他の日本艦にも言えることですが、あまり多くない上に手に入りにくかったりします。
資料


①.モデルアート社 艦船模型スペシャルNo.3 空母機動部隊直衛隊
②.モデルアート社 日本海軍艦艇図面集2
③.学研 太平洋戦史シリーズNo.19 「陽炎型駆逐艦」
④.光人社 日本海軍艦艇写真集15 「川内型・阿賀野型・大淀・香取型」
⑤.グランプリ出版 軍艦メカニズム図鑑 「日本の巡洋艦」

以上の五冊になります。それぞれの資料について解説します。
まず①の本には矢矧の最終時の図面は一応載ってはいるものの、作例はマリアナ沖海戦時です。
②の本には上面と側面の、最終時の図面が載っています。ただ煙突前部に設置された探照灯台の形が今ひとつわかりにくいです。
③のP103には1/200スケール矢矧の模型写真が掲載されています。一応最終時と解説されていますがどう見てもレイテ沖海戦時の矢矧です。
おそらくかなり以前に製作されたものなのでしょう。
④は阿賀野型軽巡の各型の写真が掲載されていて、いくらか図面も載っていますが古い時代に描かれたものなので、あまり信用できません。
⑤は軍艦の各装備品について解説されている本で、矢矧に関する情報は少ないものの細かい部分の参考になります。

ということで、どれも決定版と言える資料がありません。
艦船模型スペシャルのNo.19「阿賀野 能代 矢矧 酒匂 大淀」という本が過去に出ていまして、資料としてはおそらく一番理想的だと思うのですが、残念ながら買い逃してしまいました。
このシリーズは早いうちに買っておかないと入手困難になってしまいます。
この他矢矧最終時の参考になるものといえば、書籍ではなくタカラの連斬模型矢矧ということになるでしょう、今回私も製作の参考にさせていただいてます。

これらの資料を元にキットを最終時として作るには
1.マストの13号電探を一基にする
2.煙突両脇の高射装置の横に設置されている探照灯を機銃射撃指揮装置にする
3.煙突前部に探照灯台を設置する(自作するしかありません)
4.搭載艇を少なくする
最低限これだけやっておけば最終時になると思います。単装機銃を設置するかどうかはお好みで、ということで
(2008/6/15 追記)
上記の修正点に「舷窓の閉鎖」を加えるのを忘れていました。
  1. 2007/02/28(水) 20:36:26|
  2. 矢矧 (最終時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/2-4d2dd624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。