建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

航空母艦 加賀

まだ島風製作の途中ではありますが、早くも次作に手をつけようと思います。
とは言ってもしばらくは島風メインで進めますが、実は必死で縞鋼板を自作しようとしていたのは、この加賀に使いたかったという事情があります。

加賀のキットは赤城と同じハセガワの担当です。赤城よりもいくらか後に開発されたものなので、赤城よりも出来は良いと思います。
kaga001.jpg

主要なパーツを見ていきましょう、飛行甲板です。
赤城と違い、甲板周辺の縞鋼板が再現されています。ただカタパルト装備予定の跡が再現されていないので、スジ彫りするなりプラ板を貼るなりする必要があるでしょう。
kaga002.jpg

飛行甲板後部。ちゃんと板目のモールドがあるのが嬉しいところです。結局は削り落として彫りなおすのですが、モールドをガイドにできるのでスクリーントーンは必要なさそうです。
kaga003.jpg

細かく彫刻されている錨甲板。個人的には赤城の方が良い出来に見えます。
kaga004.jpg

錨甲板の上には格納庫があります。これも赤城の時と同じく、一旦切り取って塗装後に取り付けようかと思います。
kaga005.jpg

船体の真ん中には合わせ目があります。これを消すのに骨が折れそうです。
kaga006.jpg

後部甲板にはリノリウム押さえのモールドがあります。完成するとほとんど見えなくなりますが、これもうれしいところ。
kaga007.jpg

仮組みして、ゆうしお型潜水艦と比較。赤城よりもわずかに小さいとは言え、やっぱりデカい! 
鉄のくじら館に行ったことがある人は大きさが想像できるのではないでしょうか。
kaga008.jpg



全体的にはメリハリのあるモールドで、加賀の特徴を良く捉えたキットだと思います。細かい部分にこだわらなければストレートに組んでも見栄えは良いのではないかと思いました。

でもこれから作っていくうちに、色々気になってくるのだろうと思います。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/11/19(月) 12:10:30|
  2. 加賀 (真珠湾攻撃時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/142-f20f5e22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。