建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

島風 船体の製作(1)

赤丸で囲った部分は本当は吹き抜けになっていますが、船体を一体成型にしたために塊になっています。
このままでもそれらしく表現されてはいますが、こだわるなら直したいところです。
shimakaze003.jpg

このキット最大の特徴であるダイキャスト船底板
あまり良い評判を聞かないですが、塗装済みですから喫水線を塗るのが面倒な人にはありがたいのではないでしょうか
私は使わずにプラ板を貼ります。
shimakaze002.jpg

海面ベースに固定してしまうので、船底には1mm厚のプラ板を貼りました。ベースに固定しないのなら0.5mm厚で良いと思います。
あるいは思い切って貼らないという選択もあります。

舷側一面にペーパーがけして舷外電路は削り落とし、アンカーレセスが再現されていないのでノミで彫りました。
shimakaze004.jpg

そして、吹き抜けになっている部分を削り落としたのですが、裏打ちしておくのを忘れていたので穴が開いてしまいました。
船底板を貼る前にやっておくべきでした…。
shimakaze005.jpg




touhou.png


  1. 2007/10/07(日) 01:59:32|
  2. 島風 (最終時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

突然の東方不敗出現に思わず吹き出しました。


どうもこんばんわ!実は某所のさらさらのときに一度お邪魔したことがあったりしちゃいます。
作品をいくつか見せていただきましたがすごいですねぇ。
私自身戦艦模型には詳しくないですが、工作から塗装まで丁寧でとてもこだわりを感じます。
とても私には細かすぎてマネできません。
てんで戦艦には素人ですが、完成を楽しみにしています!

  1. 2007/10/08(月) 11:16:08 |
  2. URL |
  3. キュウサク #InKD.Xwg
  4. [ 編集]

いらっしゃいませ、書き込みありがとうございます。

過去の製作物を見ていただけて恐縮です。でも正直言って塗装は苦手なので、塗装作業に入ると途端に憂鬱になるんですよ。
組んでいる時はとても楽しいんですけど(笑)。
  1. 2007/10/08(月) 13:39:10 |
  2. URL |
  3. 鈴林勝平 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seniria.blog95.fc2.com/tb.php/124-7b61d226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。