建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

戦艦武蔵2015


シブヤン海に沈んだ武蔵発見の報を知ったのは、仕事が終わっての帰り道、車の中でラジオを聞いていたときでした。

心臓がドキリと音を立てたような気がしましたね、そして直後に「戦艦武蔵のさいご」を思い出しました。
小学校の図書室であれを読んだときの衝撃は忘れられません。
だって小学二年生くらいですよ、「うおー、表紙の武蔵かっけえー!」とか言って読んでみたら
あまりの凄惨な描写に慄えてしまって、
「戦争なめてましたごめんなさい、戦艦がかっこいいなんて思ってごめんなさい!」ってなりましたからね

これからニュース番組やネット等で映像が見られるんだろうと思いながら車を走らせたわけですが、あまり心は踊りませんでした。

しかし、最初の映像も、その後の生中継動画もなぜかあまり見る気になれない・・・なぜだろう、大和海底探査のときは興奮してテンション上がりまくりだったのに。

とりあえずネットで静止画像だけでも見てみようか、とリンク先をクリックしてみる。

表示されたのはバラバラに散らばった武蔵の残骸の地図みたいな画像。
それを見た途端、突然心臓の動悸が激しくなって、マウスを持つ手が震えてきて急いでブラウザを閉じてしまいました。

これがあの凄惨な物語のエピローグなのかと思って、心底恐ろしくなったんです。
さすが「戦艦武蔵のさいご」は伊達じゃない、トラウマ製造本と呼ばれるだけのことはあるなぁ・・・。



自分が大和の海底映像を見ても平気なのは、たぶん2199年に宇宙戦艦として蘇るという物語が出来上がってるからなんだろうな、
現実の大和がたとえ真っ二つで海底に沈んでいるとしても・・・。



武蔵発見の影響なのか、最近武蔵のプラモが売れ出しているらしい、模型業界的には良いことなんだろう。
でも自分は当分の間、武蔵を作る気にはなれないな、指が震えそうで・・・。





スポンサーサイト
  1. 2015/03/15(日) 23:39:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。