建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瑞鶴 艦載機の製作

艦載機のパーツは、キット付属のものではなく、限定品の透明タイプ。
そしてエッチングはライオンロア社のLE7045 日本海軍艦載機[後期用] を使用しています。

天山艦攻と彗星艦爆。
この時の天山の武装が爆装であったか雷装であったか、詳しくはわからないのですが、雷装で仕上げる予定です。
彗星は機体内に爆弾倉があるので、爆弾パーツを付ける必要がなくて楽です。
zuikaku201.jpg


零戦52型と21型。
52型は普通に増槽付き。
21型は、エンガノ岬沖開戦時に爆撃機として使用されたので、増槽の代わりに250kg爆弾を取り付けます。
zuikaku202.jpg

そして、ちょっと遊びで流星改と彩雲も一機づつ作ります。
どちらも実際には空母での運用はされませんでしたが、エッチングパーツに専用の脚パーツが付属していたので、単に使ってみたくなっただけという…。
zuikaku203.jpg


スポンサーサイト
  1. 2009/01/30(金) 07:28:20|
  2. 瑞鶴 (最終時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瑞鶴 単装機銃台座の製作

これまで単装機銃を設置する場合、ピットロード装備品セットVIIに含まれている台座を使用していました。
zuikaku193.jpg
ただ、この台座の厚みが気になって、どうにかできないものかと常々思っていましたので、今回この台座を光硬化パテで自作します。

ワープロの外字で作るのは少々無理があるので、pixiaというフリーのグラフィックソフトで作成しました。
大きめに作ってプリントした後、最終的に縮小コピーで大きさを調整します。
zuikaku194.jpg

このように、全て良品が出来るとは限らないので、多めに作って出来の良いものを選んで使用します。
zuikaku195.jpg

ポンチで打ち抜いて完成です。ピットロードのパーツは直径3㎜でしたが、自作パーツは2.5mmにしました。
zuikaku196.jpg


最終時の瑞鶴には合計36丁の単装機銃が装備されていたのですが、正確な装備位置はわかっていません。
一応、モデルアート増刊の日本海軍艦艇図面集3には、推定だと思うのですが22丁分のみ描かれています。個人的な解釈ですが、36丁は全て固定式というわけではなく、飛行甲板上で使用する移動式の機銃も含まれていたと思うので、図面に描かれている分だけ取り付けることにします。

錨甲板には8個
zuikaku197.jpg

両舷のカッター取り付け位置だった場所に3個づつ
zuikaku198.jpg
zuikaku199.jpg

後部甲板に8個です。
zuikaku200.jpg


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/01/22(木) 21:30:54|
  2. 瑞鶴 (最終時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

瑞鶴 艦載艇、作業員待機所、高角砲、機銃

ペースを落としつつ進行中

艦載艇はキットにほぼ準じています。
〇12m内火艇×3
〇12m内火ランチ×3
〇8m内火ランチ×1
zuikaku187.jpg
キット指定ではこの他に9mカッター×4、6m通船×1、13m運貨船×2を取り付けるよう指示がありますが、この時期の他の艦艇がそうであったように、瑞鶴も艦載艇を減らして単装機銃を増備していたようです。

--------------------------------------------------------
飛行甲板の周りに付いている作業員待機所。
これらは塗装後の取り付けになります。
台形の出っ張りは操艦用標識で、飛行甲板最前部に取り付ける待機所です。
zuikaku188.jpg


--------------------------------------------------------
シールド付き高角砲は、0.5mm真鍮パイプや適当なエッチングパーツでディティールアップ。
…と、ここで手持ちの真鍮パイプがなくなってしまったので、シールド無しの高角砲はまた後程。
zuikaku189.jpg



--------------------------------------------------------
そして少々細かい突っ込みになってしまいますが、
キット付属のシールド付き三連装機銃パーツに違和感を感じます。

シールド無しの機銃と並べてみると、砲身の間隔の違いが目立ってしまい、同じ三連装機銃が中に入っているようには、とても見えません。
zuikaku190.jpg

そこで、ピットロードの装備品セットⅠに入っているパーツ(画像右)を使用します。
全体的に大ぶりと言われるピットの装備品の中で、このパーツは小ぶりでなかなか良い感じ。
zuikaku191.jpg

同社の三連装機銃と並べてみてもちょうど良い大きさです。
zuikaku192.jpg


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/01/06(火) 23:43:10|
  2. 瑞鶴 (最終時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。