建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瑞鶴 飛行甲板の製作(3)

右舷側の成形が終わりました。
前回は盛大に延長しましたが、出来上がりはこんなものです。
zuikaku065.jpg

一番エレベーターは、このように形状変更。
zuikaku066.jpg

二番エレベーターはキットとあまり変わりません。
電探は展開状態で、という注文なので、掘り込んであります。
zuikaku067.jpg

三番エレベーターはキットよりも大型化して、横にあるクレーン収納庫もスジ彫り。
クレーンも起立状態という注文なので、基部を穴開けしています。
zuikaku068.jpg

遮風柵はファインモールドの「空母用エッチングパーツAM-15」から使用。
翔鶴、飛龍、雲龍、隼鷹に対応しているだけあって、大きさはほぼピッタリです。
zuikaku069.jpg

同エッチングセットには飛行甲板用構造材も含まれているので、組み込むためにくり貫いてしまいます。
zuikaku070.jpg

強度が不安なので、裏側から補強。
zuikaku071.jpg

一応、組み込んでみるテスト。
zuikaku072.jpg


スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/08/28(木) 21:00:57|
  2. 瑞鶴 (最終時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

瑞鶴 船体の製作(8)

翔鶴型の左舷後部には発動機試運転所と、その出入り用シャッターがあるのですが、キットでは省略されています。
抜きの関係上仕方がないとは言え、結構目立つ個所なので、パーツ割り次第で何とかならなかったのかなと、少々残念に思います。

加賀の工作でも行ったように、シャッターを埋め込むために浅く掘ります。
一番後ろだけは開状態にします。
zuikaku062.jpg

スジ彫りした0.3mmのプラ板を埋め込んでみましたが、掘り込みが浅くて少々浮いてしまいましたので、彫り直します。
zuikaku063.jpg

少々深く彫り直して、もう一度シャッターを埋め込みました。
周囲をプラ棒で囲い、通風筒や逃気口を追加して完了です。
zuikaku064.jpg


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/08/24(日) 18:19:17|
  2. 瑞鶴 (最終時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

瑞鶴 飛行甲板の製作(2)

キットのモールドを削り終えたので、彫り直します。

左舷側延長部分。
zuikaku057.jpg

中部、右舷側を赤いサインペンで塗っていますが、そこは削り落とす部分です。ホント微妙なライン。
zuikaku058.jpg

後部、左舷側の幅広い鉄甲板も微妙に斜めになっています。
zuikaku059.jpg

これは右舷前部高角砲の辺り、
図面を見る限りでは、この鉛筆で引いた線に従って削り落とせば大丈夫かと思ったのですが…。
zuikaku060.jpg

いざ削り落としてみると、鉄甲板ラインを引いた時に形状が破綻してしまうということがわかりました。


結局、一度延長して削り直しすることになりました。
かなり余裕を持って延長しています。
zuikaku061.jpg


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/08/22(金) 19:00:30|
  2. 瑞鶴 (最終時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。