建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤城 艦尾搭載艇

搭載艇塗装後、艦尾甲板に取り付けました。配置は「日本の航空母艦」に掲載されている図面を参考にしています。
内火ランチは12メートルと40フィートを用意しますが、装備品セットのパーツは全てメートル表記になっていて、40フィートランチがどのパーツにあたるのかわからなかったので適当に12メートルランチよりも少々大きめのものを使用しました。
内火艇は11メートル、カッターは9メートルです。
支柱間には0.2mm真鍮線で補強材を追加し、防火扉の上には絡車を取り付けました。
akagi211.jpg

20cm単装砲はキットのパーツを使用、防水布はエポキシパテです。
akagi212.jpg



スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/08/30(木) 20:18:39|
  2. 赤城 (真珠湾攻撃時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤城 飛行甲板の塗装

ようやく飛行甲板の塗装が終わりました。
マスキングは苦手なので剥がすまではとても不安でしたが、これで一安心です。
akagi208.jpg

後部の赤ストライプは、資料によって三本線と五本線があります。
真珠湾攻撃時の赤城上空写真を見ると三本に見えるのですが、どうも自分には後ろの二本が光の反射で見えなくなっているように思えたので、五本で塗装しました。
akagi209.jpg

そしてまたしてもP-3C。残念ながら艦橋に干渉して発着艦は無理っぽいです。
akagi210.jpg



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/08/29(水) 21:31:49|
  2. 赤城 (真珠湾攻撃時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤城 船体と艦橋の塗装

船体の塗装が終わりました。
艦首の格納庫下は木甲板か、あるいは違うのか正確には不明だったと思うのですが、見た目面白いですし元々巡洋戦艦として建造されたということを思わせてくれる部分だと思うので、このように塗装しました。
akagi204.jpg


akagi205.jpg

艦尾には塗装後、出入口とクレーンを追加しました。
akagi206.jpg

艦橋は塗装後、上空直衛所に測距儀と双眼鏡を追加、発着艦指揮所には見張方位盤を追加しました。
akagi207.jpg


飛行甲板はまだ塗装途中で、もうしばらくかかりそうです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/08/25(土) 04:37:54|
  2. 赤城 (真珠湾攻撃時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。