建艦日報

艦船模型ブログのはずが徐々に方向性が不明なことに・・・、 混沌なるカオスへようこそ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

加賀 完成

御無沙汰していました。加賀完成です。
(クリックすると大きな画像が表示されます。)
kaga240s.jpg

張り線は詳細が不明なので、水野行雄氏のイラストを参考に、簡略化して張っています。

今回もマストには信号旗を掲げました。
吹流し全掲で「発艦準備よし」
黒球・1・5 で「飛行甲板上の合成風速15メートル」の意味になります。

kaga241.jpg

参考にした記述が着艦に関するものだったのですが、瑞鶴の発艦場面と言われている写真にも同様の旗流信号が揚がっていることから、発着艦共通の信号と思われます。


今回も出来る限り資料に基づき、改修をしてみたわけですが、実はこれでも完璧な加賀とは言えません。
そもそもキットの船体自体の形状が微妙に違うため、図面とキットとの整合性を考えて、部分的に寸法を変えざるをえなかった個所がいくつかあります。
それ以外にも、飛行甲板のモールドや塗装など、資料によって解釈が違うため、どのようにまとめるかという問題もありましたし、飛行甲板前部支柱六本説は信憑性がどの程度のものなのか不明なので採用しませんでした。
そのようなこともあって、この加賀は決定版というわけではなく、結局のところ幾つかある解釈のうちの一つでしかありません。

加賀のキットは赤城のキットよりも出来が良い。
以前からそういう噂を聞いていて、そしてそれを信じていたため、製作記の始めで私もそう書きました。
しかし実際に製作してみて、その考えは改めるべきと思いました。赤城の方がまだ良いキットだと思います。
この製作記を一通りご覧になられたなら、各部の形状の違いや省略された個所の、かなりの多さがわかっていただけると思います。

ただし、キットが発売された頃の事情を知ってしまうと、あまりハセガワを責めるわけにもいかないよなあ… という気分になります。
キット開発時には、発表されていた加賀の実艦写真は現在よりも少なく、細部はほとんど謎だらけでした。(公式図面にいたっては現在に至るも未発表、あるいは未発見)
ハセガワの担当者は不鮮明な写真だけを頼りに、細部を脳内補完しながらキットを開発するしかなかったのです。
(しかし発売直前になって加賀の鮮明な写真が発表されるという事態があり、その時ハセガワの中の人は、どういう心境だったのかと気になります。)
そして、もし加賀の複雑な構造を完全に再現しようとするならばパーツ数は増加し、価格が上がることは避けられなかったでしょう、シリーズとしてのまとまりを考慮した場合、構造を省略することで他の空母キットと価格を統一するのは、あの頃の時代を考えると、やはり妥当な判断だと思います。

確かに遠目で見ると加賀の特徴は良く捉えてあり、全体のモールドもメリハリがあってシャープなため、詳細な資料と比べて見なければ、ストレート組みでも好印象な完成品になります。
そういう意味では確かに良いキットと言えるのかもしれません。

しかし苦労の末完成させた加賀、なかなかカッコ良い空母です。
流麗な赤城のデザインに比べ、ゴツゴツしていて不恰好な艦というイメージしか無くて、製作前は特に好きでもなかったのですが、すっかり考えが変わってしまいました。今では赤城よりもお気に入りの艦です。
もっとも、一番好きな空母は龍驤なんですけどね。

スポンサーサイト
  1. 2008/06/15(日) 20:03:15|
  2. 加賀 (真珠湾攻撃時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

加賀 最終組み立て(3)

今回もマストは倒した状態で製作します。
加賀の場合、無線マストは水平に倒しますが、艦橋脇にある信号用マストだけは発着艦時にも水平にはならず、斜めの状態になります。
一応水平に近い状態まで倒した写真もあるので、倒すこと自体は可能だと思うのですが、発着艦の際に水平にしてしまうと信号旗が見えなくなってしまい、不都合なのでこの状態を保つものだと思われます。
kaga232.jpg

着艦制動索は伸ばしランナーを使用しています。赤城の時は金属線を使って後悔しました。
kaga233.jpg

滑走静止索は手すりパーツや伸ばしランナー、プラ棒の組み合わせです。
kaga234.jpg

遮風柵は立てた状態で固定。一応内側に油圧筒のようなものをつけたのですがあまり目立ちません。
kaga235.jpg

旗竿の影になってしまいましたが、艦尾信号灯は赤城と同じ位置に設置しました。
kaga236.jpg

着艦指導灯は、照星(緑色)の位置のみ図面にありましたが、照門(赤色)が描かれていなかったので、赤城を参考に位置決めしてあります。
kaga237.jpg

着艦照明灯は全部で九個。この位置になります。
kaga239.jpg



さて、加賀の製作も残すところ機銃類や艦載機、そして張り線作業だけになりました。
今月末日には完成すると思うのですが、27日以後、またしばらくの間ネットができない環境になり、更新や返信ができなくなります。
もしかしたら復旧まで一~二週間ほどかかるかもしれませんので、完成した加賀をお見せできるまで時間がかかるかもしれません。どうか御容赦下さい。


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/05/26(月) 02:37:22|
  2. 加賀 (真珠湾攻撃時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

加賀 最終組み立て(2)

艦橋にループアンテナと探照灯台座の支柱を追加し、前面に探照灯管制機を設置しました。
探照灯管制機の位置は艦橋と同一線上ではなく、右舷寄りになっています。
kaga226.jpg

前部飛行甲板支柱とその補強材を取り付けました。
少し前にseaぶっく様からの質問にもお答えしましたが、支柱の本数は最近言われている六本説ではなく四本で製作しました。
やはり決定的に裏付ける資料を見ない限り六本説を採用する気にはなれませんし、私見ですがこのスペースに支柱六本は要らないように思えます。
kaga227.jpg

今さらですが舷側通路の測距義を付け忘れていたので追加しました。
kaga228.jpg

飛行甲板には風向表示を追加し、人員救助ネットと飛行機救助ネットを取り付けました。
人員救助ネットの取り付け位置は図面でも詳しくは描かれていなかったので、ほとんど推定になっています。
とりあえず「ここに付けないと海に落ちるな」と思った位置に取り付けました。
kaga229.jpg

kaga230.jpg

kaga231.jpg


  1. 2008/05/23(金) 00:04:49|
  2. 加賀 (真珠湾攻撃時)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。